日本投資機構株式会社 公式ブログ

日本株、外国株、仮想通貨、為替、投資に役立つシステム開発やセミナー、投資塾などグローバルに展開する日本投資機構株式会社

東京市場大引け『市況』by日本投資機構株式会社 評判

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■10月18日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

米国株市場の上昇を好感し買いが先行する展開に。
後場にかけては週末や英議会を控えて利益確定売りも。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

18日の東京株式市場で日経平均株価は、
前日比40円82銭高の2万2,492円68銭と小幅反発。

前日の米国株市場が上昇したことを受け
買いが先行する展開となりました。

中国国家統計局が11時に発表した
第3四半期の実質国内総生産GDP)伸び率は
前年比プラス6.0%と予想を0.1ポイント下回りましたが、
発表後の中国株式市場が落ち着いて推移したことが
安心感につながり、一段高となる場面も。

ただ、後場にかけては
週末や英議会での州連合(EU)離脱を巡る新案の採択を控えての
利益確定売りも見られ、上げ幅を縮小して終了しています。

日経平均株価が上昇したことで新興株にも物色の矛先が向き、
日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数も続伸して終了となりました。

『海外』

18日午前の中国・上海株式相場で上海総合指数は続落。

取引時間中に発表された中国の7~9月期の国内総生産GDP)は実質で前年同期比6.0%増と、
四半期で統計を遡れる1992年以降で最低を更新したため
中国経済減速への警戒が相場の喪にとなりました。

『為替』

14時時点の東京外国為替市場で円相場は、1ドル=108円57銭近辺と円高に傾倒。

中国の国内総生産GDP)の前年同期比の伸びが市場予想を下回り、
「低リスク通貨」とされる円には買いが優勢となりました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■来週の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

アナリストのKanonです。

まずは今週末に英議会で
欧州連合EU)離脱を巡る新案の採択を控えます。

新離脱案が英国議会で承認される可能性が高いわけではありませんが、
仮に承認された場合は週明けから大きく上昇して始まる期待ができるでしょう。

また、事前の期待感が高くはないため
承認されなくてもショック売りは大して出ないと見ており、
小幅安水準で揉み合う程度となりそうです。

低調な経済指標などの懸念材料はありますが、
各国中央銀行による緩和期待、金余りの影響で
世界的な株高基調が続いている間は
素直に上昇に乗っていっていいかと見ています。

国内に目を向けると、
来週は火曜日が「即位礼正殿の儀」がお休みとなる
イレギュラーなスケジュールですので、
少し手掛けにくさもあります。

ただ、火曜日は今のところ
重要な海外の市場イベントはないので、
月曜日は仕込みのチャンスという見方もできるでしょう。

個別銘柄のねらい目としましては、
東京モーターショーが24日より開催されることから
自動車やドローン関連銘柄、
決算発表が24日~25日から本格化し始めるため
好業績が予想される銘柄に注目したいです。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:27,025.88ドル (+23.90)

・ナスダック:8,156.853 (+32.669)

・S&P500:2,997.95 (+8.26)

・為替 ドル円:108.58-108.59(-0.25)

『国内』

日経平均株価:22,492.68円(+40.82円)

TOPIX:1,621.99(-2.17)

・日経ジャスダック平均株価:3,429.99(+13.61円)

東証マザーズ指数:840.36(+3.04)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■月曜日の予定
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

9月貿易収支(8:50)
8月全産業活動指数(13:30)

~~~~~~~~~~~~~
LINEにて相談受付中!
~~~~~~~~~~~~~

 

 
 

日本投資機構株式会社

 
【株式2.0】

「株式2.0」への詳細はこちら

 
 
「株式2.0」公式LINE@
ID:@fib1729i
友だち追加URL:http://nav.cx/igoc3u1
 

サルでも1000万円貯まる[つみたてNISA]
日本投資機構株式会社 志村暢彦監修作品

日本投資機構株式会社

東京市場寄付き『市況』by日本投資機構株式会社 評判

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■10月18日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

英国のEU離脱について不透明感残り上値が重い展開。
11時発表の中国経済指標にも注目。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、アナリストのkanonです。

本日はやや買いが先行した後、上値の重い展開が想定されます。

また、11時に中国の7-9月GDPなどの
重要経済指標が発表されるので、
通過後に相場が上下に振れる可能性も。

前日夜には英国の欧州連合離脱についての
ニュースが伝わっています。

「英国とEUが離脱協定案で合意」したとのことで
「合意なき離脱」の回避に向けて
一歩前進したとして好感されましたが、
まだ英議会で過半数の賛成を得る必要があります。

明日の議会で可否が問われますが、
ブルームバーグ通信は
「最後のハードル」と表現しており、
ドイツ銀行によると可決の可能性は45%とのこと。

週明けに不透明感が払しょくされていれば
相場の上昇に期待ができますが、
やや難しい印象で問題が長引く可能性もあります。

ある程度利が乗っている銘柄や値動きが重い銘柄は
一旦売却しておくことも視野にご検討ください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『NYダウ工業30種平均』

17日のNY株式市場でダウ工業株30種平均は、
前日比24ドル38セント高の2万7,026ドル36セントと反発。

米主要企業の7~9月期の決算発表が本格化しており、
業績改善を期待した買いが相場を押し上げました。

英国と欧州連合EU)が英国のEU離脱の条件で合意したのも
朝方は買い材料視されましたが、
北アイルランドを地盤とする閣外与党の民主統一党DUP)が
新離脱案を支持できないとの意向を示し、
不透明感から上値の重い展開となりました。

ナスダック総合株価指数も上昇して終了。

四半期決算が予想を上回った
ネットフリックスの上昇が目立っています。

『為替』

17日のNY外国為替市場で円相場は、1ドル=108円60~70銭近辺と円高に傾倒。

英国の欧州連合EU)離脱を巡り英国とEUが修正離脱案で合意したのを受けて
対欧州通貨でのドル安が波及し、円買い・ドル売りにつながりました。

日経平均先物

17日のシカゴ日経平均先物12月物は前日比変わらずの2万2,520円と横ばい。

英国と欧州連合EU)が17日、
英国のEU離脱で合意し買いが先行する展開となりました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:27,025.88ドル (+23.90)

・ナスダック:8,156.853 (+32.669)

・S&P500:2,997.95 (+8.26)

・為替 ドル円:108.54-108.55(-0.29)

『国内』

日経平均株価:22,451.86円(-21.06円)

TOPIX:1,624.16(-7.53)

・日経ジャスダック平均株価:3,416.38(+5.49円)

東証マザーズ指数:837.32(+0.56)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

9月消費者物価指数(8:30)

『海外』
 

中国7-9月期GDP(11:00)
中国9月固定資産投資(11:00)
中国9月鉱工業生産(11:00)
中国9月小売売上高(11:00)
米9月景気先行総合指数(23:00)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

・【7518】ネットワンシステムズ
前日に上方修正を発表し、株価は一段高へ。

※こちらは直近材料が出た銘柄や市場で
 注目されている銘柄で買い推奨ではございません。
 ご質問等があればお気軽にご連絡ください。

~~~~~~~~~~~~~
LINEにて相談受付中!
~~~~~~~~~~~~~

個別の銘柄相談やポートフォリオ診断は
LINEにて随時受け付けておりますので
お気軽にご相談ください。

 
 

日本投資機構株式会社

 
【株式2.0】

「株式2.0」への詳細はこちら

 
 
「株式2.0」公式LINE@
ID:@fib1729i
友だち追加URL:http://nav.cx/igoc3u1
 

サルでも1000万円貯まる[つみたてNISA]
日本投資機構株式会社 志村暢彦監修作品

日本投資機構株式会社

東京市場大引け『市況』by日本投資機構株式会社 評判

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■10月17日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

年初来高値の達成感から日経平均株価は小幅に下落して終了。
個別株に物色の矛先が向き、新興市場の指数は小幅にプラス。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

17日の東京株式市場で日経平均株価は、
前日比21円06銭安の2万2,451円86銭と小幅反落。

前日に年初来高値を更新したことで
利益確定売りが先行する展開となりました。

売り先行後は、4~9月期決算発表の本格化を前に、
企業業績が底入れするとの期待から個別株に買いが入り
プラス圏で推移する場面も見られました。

英国の欧州連合EU)離脱を巡り、
ロイター通信などが16日に「双方が暫定合意で近づいた」と報じ、
楽観的な見通しが伝わったのも相場の支えに。

日経平均株価が高値圏で推移したことで投資家心理が改善し、
日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発しています。

『海外』

17日午前の中国・上海株式相場で上海総合指数はほぼ横ばいで推移。

米中貿易協議の先行き不透明感が懸念材料となりましたが、
中国当局による景気対策期待が相場を支えています。

『為替』

14時時点の東京外国為替市場で円相場は、1ドル=108円72~73銭近辺と円安に傾倒。

英国の欧州連合EU)離脱問題を巡る懸念が後退したことで
対ユーロの円売りが対ドルに波及しています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

アナリストのKanonです。

本日は日経平均株価が高値警戒感から上値を追いにくいなかで
新興市場の中小型株を物色する動きも見られました。

しばらくは銘柄によって
トレンドが分かれる相場展開となりそうですが、
純粋に調子のいいところに乗っていくだけでも
利益は取りやすいかと思います。

一旦中小型株への資金流入が途絶えていたことから
前週以前に推奨した銘柄などは
トレンドを逸してしまっているものもあるかと思いますので
ご自身でまだ保有されている銘柄がある場合、
売却すべきかどうかお気軽にご相談ください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:27,001.98ドル (-22.82)

・ナスダック:8,124.184 (-24.522)

・S&P500:2,989.69 (-5.99)

・為替 ドル円:108.75-108.76(+0.11)

『国内』

日経平均株価:22,451.86円(-21.06円)

TOPIX:1,624.16(-7.53)

・日経ジャスダック平均株価:3,416.38(+5.49円)

東証マザーズ指数:837.32(+0.56)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の予定
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

9月消費者物価指数(8:30)

『海外』

中国7-9月期GDP(11:00)
中国9月固定資産投資(11:00)
中国9月鉱工業生産(11:00)
中国9月小売売上高(11:00)
米9月景気先行総合指数(23:00)

~~~~~~~~~~~~~
LINEにて相談受付中!
~~~~~~~~~~~~~

 
 

日本投資機構株式会社

 
【株式2.0】

「株式2.0」への詳細はこちら

 
 
「株式2.0」公式LINE@
ID:@fib1729i
友だち追加URL:http://nav.cx/igoc3u1
 

サルでも1000万円貯まる[つみたてNISA]
日本投資機構株式会社 志村暢彦監修作品

日本投資機構株式会社

東京市場寄付き『市況』by日本投資機構株式会社 評判

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■10月17日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

米中通商協議の合意先延ばしで膠着感強まる。
前日まで軟調だった中小型株には物色期待も。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、アナリストのkanonです。

前日の米国株市場は上値の重さが意識され
揉み合いつつも小幅に反落で終えています。

米中通商協議に関する合意署名が
来月まで先延ばしにされる見通しとなりましたので、
どうしても材料待ちの姿勢になりやすく、
日本株市場も膠着感を強める展開が想定されます。

一方で、しばらく軟調だった中小型株には
方向感が出てくる可能性もあるので、
セクター別の物色状況などを見て
推奨を進めていければと思います。

また、前日夜に米国で発表された
小売売上高が低調な内容のものとなり、
市場では10月の利下げ織り込みが進んでいます。

現在の株高は世界の中央銀行が行っている
金融政策への期待感が背景にあるため、
10月末に利下げを行わらなければ
期待剥落で株価下落につながる点は
頭に入れておいてください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『NYダウ工業30種平均』

16日のNY株式市場でダウ工業株30種平均は、
前日比22ドル82セント安の2万7,001ドル98セントと小幅反落。

9月の米小売売上高は市場予想に反して減少し、
7ヶ月ぶりのマイナスに。

米経済の堅調さを支えていた
個人消費が不安定になり始めていることが示唆され
米経済の先行き懸念感が相場の重荷となりました。

米中通商協議については、トランプ米大統領
11月にチリで開催されるアジア太平洋経済協力会議APEC)首脳会議で
中国の習近平国家主席と会談するまで、
米中の貿易合意が署名されることは恐らくないと発言し、
協議が円滑に進まない可能性が意識されています。

半導体関連株に利益確定売りが波及し、
ナスダック総合株価指数も下落して終了しています。

『為替』

16日のNY外国為替市場で円相場は、1ドル=108円70~80銭近辺と円高に傾倒。

9月の米小売売上高が市場予想を下回り、
年内の追加利下げ観測が強まったことが円買いにつながっています。

日経平均先物

16日のシカゴ日経平均先物12月物は前日比5円安の2万2,520円と小幅反落。

米中貿易交渉の先行き不透明感や
個人消費指標の低迷が上値の重荷となりました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:27,001.98ドル (-22.82)

・ナスダック:8,124.184 (-24.522)

・S&P500:2,989.69 (-5.99)

・為替 ドル円:108.69-108.70(+0.05)

『国内』

日経平均株価:22,472.92円(+265.71円)

TOPIX:1,631.51(+11.31)

・日経ジャスダック平均株価:3,410.89(-3.23円)

東証マザーズ指数:836.76(-8.48)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

9月首都圏マンション発売(11:30)
5年国債入札

『海外』
 
EU首脳会議(~10/18)
米9月住宅着工件数(21:30)
米10月フィラデルフィア連銀景気指数(21:30)
米9月鉱工業生産指数(22:15)
米5年インフレ連動国債入札 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

・【6199】セラク
好決算発表後、昨日は売りが先行。
75日線を支えに買戻しが入る展開に期待。

※こちらは直近材料が出た銘柄や市場で
 注目されている銘柄で買い推奨ではございません。
 ご質問等があればお気軽にご連絡ください。

~~~~~~~~~~~~~
LINEにて相談受付中!
~~~~~~~~~~~~~

個別の銘柄相談やポートフォリオ診断は
LINEにて随時受け付けておりますので
お気軽にご相談ください。

 
 
 

日本投資機構株式会社

 
【株式2.0】

「株式2.0」への詳細はこちら

 
 
「株式2.0」公式LINE@
ID:@fib1729i
友だち追加URL:http://nav.cx/igoc3u1
 

サルでも1000万円貯まる[つみたてNISA]
日本投資機構株式会社 志村暢彦監修作品

日本投資機構株式会社

東京市場大引け『市況』by日本投資機構株式会社 評判

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■10月16日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

米国株高や円安進行を支えに寄り付きで年初来高値を更新。
先物主導の上昇となったため個別株はやや軟調な展開に。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

16日の東京株式市場で日経平均株価は、
前日比265円71銭高の2万2,472円92銭と大幅続伸。

前日の米国株市場で主要3指数がそろって上昇したほか、
為替も1ドル=108円台後半と円安方向に振れたことで
買いが先行する展開となりました。

日経平均株価は寄り付きで年初来高値を更新し、
一時は400円を超える上げ幅に。

ただ、上海株が軟調に推移したことや
急速な上昇に対する警戒感が重荷となり
後場からは利確売りが波及、
上げ幅を縮小して終了しています。

「米下院が香港人権・民主主義法案を可決したことに対し
中国が報復を示唆している」と伝わったことも
売り材料視された模様です。

内需関連を中心に個別株には売りが優勢となったことで
日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落しています。

『海外』

16日午前の中国・上海株式相場で上海総合指数は小幅続落。

主要企業の四半期決算に対する警戒感が重荷となっています。

『為替』

14時時点の東京外国為替市場で円相場は、1ドル=108円65~66銭近辺と円安に傾倒。

前日の米株高を背景に投資家がリスク選好姿勢を強め、
「低リスク通貨」とされる円には売りが先行しています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

アナリストのKanonです。

本日の日経平均株価は大きく上昇しましたが、
上値では利益を確定する売りが見られたほか
上昇に懐疑的な見方も多く、
内需関連を中心に中小型株はやや軟調な展開となりました。

短期目線での先物買いや、
売り方の買い戻しが主導した上げが一巡すれば
落ち着いて個別株に取り組める相場が来ると見ておりますので
景気敏感株に短期目線で取り組みつつ
動きの鈍い個別株については
大きくチャートが崩れない限り
少しゆっくり様子を見ていければと思います。

また、昨日一昨日と決算発表が続きましたので、
好決算発表後でいい押し目を迎えているものは
相場に関係なく動いてくると見てます。

待つばかりでは厳しいかとは思いますので、
この辺りは短期目線で推奨を進めてく予定です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:27,024.80ドル (+237.44)

・ナスダック:8,148.706 (+100.056)

・S&P500:2,995.68 (+29.53)

・為替 ドル円:108.70-108.71(+0.35)

『国内』

日経平均株価:22,472.92円(+265.71円)

TOPIX:1,631.51(+11.31)

・日経ジャスダック平均株価:3,410.89(-3.23円)

東証マザーズ指数:836.76(-8.48)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の予定
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

9月首都圏マンション発売(11:30)
5年国債入札

『海外』

5年国債入札
EU首脳会議(~10/18)
米9月住宅着工件数(21:30)
米10月フィラデルフィア連銀景気指数(21:30)
米9月鉱工業生産指数(22:15)
米5年インフレ連動国債入札 

~~~~~~~~~~~~~
LINEにて相談受付中!
~~~~~~~~~~~~~

 

 
 

日本投資機構株式会社

 
【株式2.0】

「株式2.0」への詳細はこちら

 
 
「株式2.0」公式LINE@
ID:@fib1729i
友だち追加URL:http://nav.cx/igoc3u1
 

サルでも1000万円貯まる[つみたてNISA]
日本投資機構株式会社 志村暢彦監修作品

日本投資機構株式会社

東京市場寄付き『市況』by日本投資機構株式会社 評判

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■10月16日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

日経平均株価は年初来高値を更新か。
売り方の買い戻しも入り堅調な展開に。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、アナリストのkanonです。

米国株高や為替の円安進行が好感され、
日経平均先物は既に年初来高値の水準で推移しています。

今まで日本株は売られすぎていたため
買戻しに拍車がかかりやすく
しばらくは強い相場展開が続く期待ができるでしょう。

ただし、「需給の良さ」と「世界的な緩和による金余り」が
現在の上昇の背景にあるため、
ファンダメンタルズと乖離して上昇した株価水準では
「いつか企業業績や経済の状態に相応しい価格まで下落する」
ということを忘れずに投資を行っていければと思います。

米中通商協議や、月末のFOMCに関する材料が
相場が下げに転じるきっかけになりやすいと見ているため
注目すべきニュースなどがあればお伝えしてきますね。

決算期で企業業績にスポットが当たりやすいので
当面は、業績の安定性や成長率に対して
割安だと見られる銘柄を中心に狙っていきましょう。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『NYダウ工業30種平均』

15日のNY株式市場でダウ工業株30種平均は、
前日比237ドル98セント高の2万7,025ドル34セントと反発。

主要企業の先陣を切って2019年7~9月期四半期決算を発表した
ヘルスケアや金融大手の業績が市場予想を上回り、
今週から本格化する企業決算への期待感から
上げ幅を拡大する展開となりました。

一方で、米中通商協議について米ブルームバーグ通信が
「米国産農産物を購入する前に、中国は米国による
対中制裁関税を元に戻すことを望んでいる」と報じたことは
米中の貿易問題に関する不透明感を強め相場の重荷に。

アナリストが目標株価を引き上げた
半導体のエヌビディアが大幅高となり、
ナスダック総合株価指数も上昇して終了しています。

『為替』

15日のNY外国為替市場で円相場は、1ドル=108円82銭近辺と円安に傾倒。

米株式相場の上昇で投資家のリスク選好姿勢が強まり、
円売りが優勢となっています。

日経平均先物

15日のシカゴ日経平均先物12月物は前日比530円高の2万2,525円と反発。

米企業の19年7~9月期決算が好調な滑り出しを見せたことで
投資家心理が上向き米株とともに買い進まれました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:27,024.80ドル (+237.44)

・ナスダック:8,148.706 (+100.056)

・S&P500:2,995.68 (+29.53)

・為替 ドル円:108.80-108.81(+0.45)

『国内』

日経平均株価:22,207.21円(+408.34円)

TOPIX:1,620.20(+24.93)

・日経ジャスダック平均株価:3,414.12(+22.40円)

東証マザーズ指数:845.24(+4.96)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

9月訪日外客数(16:00)

『海外』
 
米9月小売売上高(21:30)
米10月NAHB住宅市場指数(23:00)
ベージュブック
米8月対米証券投資(10/17 5:00)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日決算発表
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

フェスタリアHD

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

・【6064】アクトコール
前日に好決算を発表したため、見直し買いが入りやすい。

※こちらは直近材料が出た銘柄や市場で
 注目されている銘柄で買い推奨ではございません。
 ご質問等があればお気軽にご連絡ください。

~~~~~~~~~~~~~
LINEにて相談受付中!
~~~~~~~~~~~~~

個別の銘柄相談やポートフォリオ診断は
LINEにて随時受け付けておりますので
お気軽にご相談ください。

 

 
 

日本投資機構株式会社

 
【株式2.0】

「株式2.0」への詳細はこちら

 
 
「株式2.0」公式LINE@
ID:@fib1729i
友だち追加URL:http://nav.cx/igoc3u1
 

サルでも1000万円貯まる[つみたてNISA]
日本投資機構株式会社 志村暢彦監修作品

日本投資機構株式会社

東京市場大引け『市況』by日本投資機構株式会社 評判

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■10月15日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

米中通商協議通過の安心感から買いが先行。
中国株安も影響受けず終日高値圏で推移。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

15日の東京株式市場で日経平均株価は、
前日比408円34線高の2万2,207円21銭と大幅続伸。

米中通商協議が部分合意という形で通過したことで、
安心感から買いが先行する展開となりました。

外国為替市場でドル=円相場が
円安方向に振れたことも好感されています。

足元の懸念要因が後退したことで、
今まで売り残が貯まっていた銘柄への
買い戻しも目立ちました。

米中通商協議への期待感から既に続伸していた
中国株が軟調に推移しましたが、
日経平均株価は高値圏でもみ合い堅調に推移して終了。

週末に日本列島を直撃した大型台風が景気に及ぼす影響は懸念されるものの、
本日は復興需要への思惑から関連銘柄に買いが入りました。

米中通商協議への懸念感が後退したことで
個人投資家がリスクオン姿勢を強め
日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数も上昇しています。

『海外』

15日午前の中国・上海株式相場で上海総合指数は反落。

指数は米中貿易摩擦の懸念後退を背景に約1カ月ぶりの高値圏にあったため
目先の利益を確保する目的の売りが優勢となりました。

『為替』

14時時点の東京外国為替市場で円相場は、1ドル=108円33~34銭近辺と円安に傾倒。

貿易交渉を巡る米中の部分合意を受けた円売りが一巡し、
今後詰めるとされる合意内容の詳細を見極めたいとの雰囲気が強まっています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

アナリストのKanonです。

本日の日経平均株価は大きく上昇しましたが、
前日の米国株主要指数は小幅安で終了
本日の中国株も軟調に推移するなど
世界の株価指数を見ると総じて楽観ムードとは言えません。

米国時間11日の米中合意について、
中国側は今回の協議の結果について「合意」とは表現しておらず、
合意文書の作成もこれからとのことですので、
米中関連のニュースには引き続き注意していきたいです。

とはいえ、日経平均株価は堅調に推移しており、
需給面でも年末に向けた上昇期待が高いと見ているため
引き続き積極的な売買を進めていければと思います。

明日は銘柄推奨も予定しておりますので、
楽しみにしていてくださいね。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:26,787.36ドル (-29.23)

・ナスダック:8,048.650 (-8.389)

・S&P500:2,966.15 (-4.12)

・為替 ドル円:108.41-108.42(+0.50)

『国内』

日経平均株価:22,207.21円(+408.34円)

TOPIX:1,620.20(+24.93)

・日経ジャスダック平均株価:3,414.12(+22.40円)

東証マザーズ指数:845.24(+4.96)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の予定
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

9月訪日外客数(16:00)

『海外』

米9月小売売上高(21:30)
米10月NAHB住宅市場指数(23:00)
ベージュブック
米8月対米証券投資(10/17 5:00)

~~~~~~~~~~~~~
LINEにて相談受付中!
~~~~~~~~~~~~~

 
 

日本投資機構株式会社

 
【株式2.0】

「株式2.0」への詳細はこちら

 
 
「株式2.0」公式LINE@
ID:@fib1729i
友だち追加URL:http://nav.cx/igoc3u1
 

サルでも1000万円貯まる[つみたてNISA]
日本投資機構株式会社 志村暢彦監修作品

日本投資機構株式会社