日本投資機構 公式ブログ

日本株、外国株、仮想通貨、為替、投資に役立つシステム開発やセミナー、投資塾などグローバルに展開する日本投資機構株式会社

東京市場寄付き『市況』by日本投資機構株式会社 評判

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■12月12日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

FOMCを無事通過したことで買いが先行する展開に。
ただ重要イベントはなお多く、上値は限定的。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、アナリストのkanonです。

昨夜の米FOMCの結果公表は無事に通過しましたので、
安心感が広がり、本日は買い優勢ではじまりそうです。

ただし、本日の英国総選挙の投開票や、
15日の米政府による対中関税「第4弾」の発動期限など
重要イベントがまだ続きますので、
日経平均株価の上値は限定的でしょう。

明日までは、全体としては方向感に乏しい展開となりそうですので
ポジション調整を進めつつ、個別株の短期取引で
利益を狙っていくのがいいかと見ています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『NYダウ工業30種平均』

11日の米株式市場でダウ工業株30種平均は、
前日比29ドル58セント高の2万7,911ドル30セントと反発。

米連邦準備理事会(FRB)が午後に公表した
連邦公開市場委員会FOMC)の結果発表を受け、
金利政策が長期にわたって続くとの見方から
小幅に上昇して終了しています。

FRBFOMCで4会合ぶりに政策金利の据え置きを決め、
声明では「金融政策は現在のスタンスが適切」と指摘。

FOMC参加者の政策金利見通し(ドットチャート)によると、
来年は年間を通して金利据え置きを予想し、
FRBは利上げを急がないとの見方が改めて強まりました。

ただし、米国の対中制裁関税「第4弾」の発動期限を
15日に控えており、米中協議の動向を見極めたいとして
上値を追う動きは限定的に。

金利が続くとして高PERの銘柄に買い安心感が生まれ
主力ハイテク株に買いが波及したことで
ナスダック総合株価指数も反発しています。

『為替』

11日のNY外国為替市場で円相場は、1ドル=108円50銭~60銭と円高に傾倒。

連邦公開市場委員会FOMC)の結果を受けて、
米連邦準備理事会(FRB)の低金利政策が長く続くとの見方が強まり、
主要通貨に対してドル売りが優勢となりました。

日経平均先物

11日のシカゴ日経平均先物12月物は前日比5円安の2万3,445円で終了。

FOMCの結果を好感し米国株価指数が上昇、
日経平均先物にも買いが入り、11日の大取終値を75円上回っています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:27,911.30 (+29.58)

・ナスダック:8,654.051 (+37.867)

・S&P500:3,141.63 (+9.11)

・為替 ドル円:108.53-108.54(-0.19)

『国内』

日経平均株価:23,391.86(-18.33円)

TOPIX:1,714.95(-5.82)

・日経ジャスダック平均株価:3,738.22(+3.16)

東証マザーズ指数:897.94(-8.27)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

10月機械受注(8:50)
11月都心オフィス空室率(11:00)

『海外』

英国議会総選挙 
ECB定例理事会(ラガルド総裁記者会見)
EU首脳会議(~12/13)
米11月生産者物価指数(22:30)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日決算発表
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

エイチ・アイエスクスリのアオキラクスル、
くら寿司、銚子丸、ミサワ、トーエル、バルニバーヒ、
TBCSCAT、シャノン、VALUENEX、セルソース、オハラ、
ファーストロジ、鎌倉新書、石井表記、アイモバイル、
三井ハイテ、フロンティアI、オーエムツーサンオータス
小林産、REVOLUTI、日本テレホン、ドーム

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

・【4026】神島化学工業
前日に好決算を発表し、買いが集まる展開に期待。

決算内容は評価対象だと見ており、
続伸に期待していますが、
寄り付きで900円付近を抜けないと一旦下落する可能性も。

買いタイミングを分けるなどすると
リスクを限定しつ利益を狙えるでしょう。

※こちらは直近材料が出た銘柄など、
アナリスト注目の銘柄で推奨ではございません。

~~~~~~~~~~~~~
LINEにて相談受付中!
~~~~~~~~~~~~~

個別の銘柄相談やポートフォリオ診断は
LINEにて随時受け付けておりますので
お気軽にご相談ください。

 
 

日本投資機構株式会社

 
【株式2.0】

「株式2.0」への詳細はこちら

 
 
「株式2.0」公式LINE@
ID:@fib1729i
友だち追加URL:http://nav.cx/igoc3u1
 

サルでも1000万円貯まる[つみたてNISA]
日本投資機構株式会社 志村暢彦監修作品

日本投資機構株式会社

東京市場大引け『市況』by日本投資機構株式会社 評判

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■12月11日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

イベントを複数控え様子見ムードの強い展開に。
個別株には利益を確定する売りも波及。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

11日の東京株式市場で日経平均株価は、
前日比18円33銭安の2万3,391円86銭と小幅続落。

前日と同じ値幅の中で揉み合う展開となりました。

米国の中国への追加関税発動期限が15日に迫るなかで、
連邦公開市場委員会FOMC)、英国総選挙などの
イベントを控え様子見ムードの強い展開が続いています。

個別株は高安まちまちとなり、
日経ジャスダック平均は小幅続伸、
東証マザーズ指数は反落しています。

『海外』

11日午前の中国・上海株式相場で上海総合指数は小幅続伸。

10日から中国の経済政策の方針を決める中央経済工作会議が始まり、
政府による景気下支え策への期待が相場の支えとなりましたが
米中協議の先行きを見極めたいとして上値を追う動きは限定的です。

『為替』

14時時点の東京外国為替市場で円相場は、1ドル=108円74~75銭と円安に傾倒。

明日にかけて米連邦公開市場委員会FOMC)の結果発表や
英総選挙など重要イベントを控え、様子見姿勢が強まっています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

アナリストのKanonです。

ナバロ米大統領補佐官はFOXビジネスのインタビューで
15日の対中関税発動の期限延期は
「大統領次第、近く決定がある」と述べています。

本日は中小型株にも軟調な動きが目立ちましたが、
関税発動が回避できない可能性が意識され
利益を確定する売りや
リスクオフの売りが波及した面があるでしょう。

今週末までは同様の流れが続きやすいと見ているため、
お忙しい方はロスカット値や買値より上で、
念のため逆指値注文を入れておくといいかと見ています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:27,881.72 (-27.88)

・ナスダック:8,616.184 (-5.643)

・S&P500:3,132.52 (-3.44)

・為替 ドル円:108.75-108.76(+0.13)

『国内』

日経平均株価:23,391.86(-18.33円)

TOPIX:1,714.95(-5.82)

・日経ジャスダック平均株価:3,738.22(+3.16)

東証マザーズ指数:897.94(-8.27)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の予定
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

10月機械受注(8:50)
11月都心オフィス空室率(11:00)

『海外』

英国議会総選挙 
ECB定例理事会(ラガルド総裁記者会見)
EU首脳会議(~12/13)
米11月生産者物価指数(22:30)

~~~~~~~~~~~~~
LINEにて相談受付中!
~~~~~~~~~~~~~

 

 
 

日本投資機構株式会社

 
【株式2.0】

「株式2.0」への詳細はこちら

 
 
「株式2.0」公式LINE@
ID:@fib1729i
友だち追加URL:http://nav.cx/igoc3u1
 

サルでも1000万円貯まる[つみたてNISA]
日本投資機構株式会社 志村暢彦監修作品

日本投資機構株式会社

東京市場寄付き『市況』by日本投資機構株式会社 評判

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■12月11日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

米中関係の不透明感から上値を追いにくい。
膠着感が強まり、売買低調も低調に。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、アナリストのkanonです。

昨夜には、「米中の交渉担当者は、
対中制裁関税の第4弾の発動見送りを根回ししている」と
米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが報道。

一方、その後は米国家経済会議(NEC)のクドロー委員長が
「制裁関税の発動はまだテーブルの上にある」と
述べたとも伝わっています。

米国の対中制裁関税「第4弾」が
全面発動される可能性が残っているとして
本日も上値を追いにくく、膠着感の強い展開となりそうです。

また、15日の関税発動が無事見送られても
米中が貿易協議で第1弾の合意に至るのは
年明け以降となる可能性も意識されるでしょう。

その場合、今年は「もう手仕舞って様子を見る」という
投資家も増えやすいかと見ています。

当面は、リスクヘッジ空売りを少し入れつつ、
売買が低調になる中でも値動きの良い
新興株などを短期で狙っていくと利益に繋がりやすいでしょう。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『NYダウ工業30種平均』

10日の米株式市場でダウ工業株30種平均は、
前日比27ドル88セント安の2万7,881ドル72セントと反落。

連邦公開市場委員会FOMC)や英総選挙、
米国の対中制裁関税「第4弾」の全面発動期限といった
重要日程を前に様子見ムードの強い展開が続いています。

トランプ米政権と野党・民主党の議会指導部が10日、
北米自由貿易協定NAFTA)に代わる新協定の
修正案で合意したと発表したことは、
市場心理の下支えとなりました。

主力ハイテク株にも売りが優勢となり、
ナスダック総合株価指数も続落して終了しています。

『為替』

10日のNY外国為替市場で円相場は、1ドル=108円70銭~80銭と円安に傾倒。

米政権が15日に予定する関税「第4弾」の
全面発動を見送る可能性があるとの報道を受け、
リスクオンの円買いがやや優勢になりました。

日経平均先物

10日のシカゴ日経平均先物12月物は前日比80円高の2万3,450円と小幅反発。

米中は15日に控える米国の対中制裁関税「第4弾」の
全面発動を回避するとの期待が広がり買いが先行しましたが、
その後は米中貿易協議の先行き不透明感から売りに押されて終了。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:27,881.72 (-27.88)

・ナスダック:8,616.184 (-5.643)

・S&P500:3,132.52 (-3.44)

・為替 ドル円:108.79-108.80(+0.17)

『国内』

日経平均株価:23,410.19(-20.51円)

TOPIX:1,720.77(-1.30)

・日経ジャスダック平均株価:3,735.06(+13.52)

東証マザーズ指数:906.21(+0.34)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

11月企業物価指数(8:50)
10-12月期法人企業景気予測調査(8:50) 

『海外』

パウエルFRB議長会見
米11月消費者物価指数(22:30)
米11月財政収支(12/12 4:00) 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日決算発表
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

Hamee、太洋基礎、アゼアス、クロスプラス
菊池製作、シーアールイー、JPNミート、
アセンテック、神島化、ハウテレビ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

・【6736】サン電子
信用倍率1倍割れで逆日歩点灯中。
1,600円付近までの短期的な上昇に期待。

※こちらは直近材料が出た銘柄など、
アナリスト注目の銘柄で推奨ではございません。

また、寄り付いてからの値動きが荒くなり、
相場を見て柔軟な売買判断ができない場合は
リスクが高くなってしまうこともございますので
ご注意いただければと思います。

~~~~~~~~~~~~~
LINEにて相談受付中!
~~~~~~~~~~~~~

個別の銘柄相談やポートフォリオ診断は
LINEにて随時受け付けておりますので
お気軽にご相談ください。

 

 
 

日本投資機構株式会社

 
【株式2.0】

「株式2.0」への詳細はこちら

 
 
「株式2.0」公式LINE@
ID:@fib1729i
友だち追加URL:http://nav.cx/igoc3u1
 

サルでも1000万円貯まる[つみたてNISA]
日本投資機構株式会社 志村暢彦監修作品

日本投資機構株式会社

東京市場大引け『市況』by日本投資機構株式会社 評判

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■12月10日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

米国株安を受けて売りが先行する展開に。
米国による対中関税の発動期限などを控え膠着感強まる。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

10日の東京株式市場で日経平均株価は、
前日比20円51銭安の2万3,410円19銭と反落。

前日の米国株安を受けて売りが先行する展開となりました。

中国商務省の任鴻斌次官補は9日の記者会見で、
できるだけ早期に米中双方が納得する
通商合意を得られることを期待すると述べています。

前場に下げ渋ったことで買戻しが入り、
プラスに転換する場面も見られましたが
米国による対中関税の発動期限などを控え、
上値を追うには至らず前日比マイナス圏で引けています。

日経平均株価が方向感に欠ける値動きとなるなか
材料を発表した個別銘柄などに買いが集まったことで
日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は上昇。

『海外』

10日午前の中国・上海株式相場で上海総合指数は小幅反落。

中国の2020年の経済運営方針を決める
10日からの中央経済工作会議の結果を見極めたいとして
様子見ムードが強まっています。

『為替』

14時時点の東京外国為替市場で円相場は、1ドル=108円63~64銭と円安に傾倒。

国内輸入企業などからの円売り・ドル買いが出たものの、
積極的に持ち高を傾ける動きは見られず、膠着感が強まってます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

アナリストのKanonです。

今夜の米国株市場は特にイベントがなく、
米中通商協議に関連した報道などがない限り、
明日の日経平均株価
揉み合い基調となる可能性が高いでしょう。

明日に関しては相場全体か崩れるリスクが薄く、
推奨中銘柄についてはどれも陽線をつけ
続伸に期待ができる状態だったので
売却推奨をお出しませんでしたが、
週後半にかけてはリスクイベントが増えるため
順次売却推奨をお出ししていく予定です。

全体相場には買い材料に不足してきている感もあるため、
適度な売買がリスクヘッジになるかと見ています。

小幅でも利益になっているものは売却し、
まだ出遅れ感のある銘柄や、相場全体の押し目を狙って
回転売買をすすめていければと思います。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:27,909.60 (-105.46)

・ナスダック:8,621.827 (-34.702)

・S&P500:3,135.96 (-9.95)

・為替 ドル円:108.61-108.62(+0.05)

『国内』

日経平均株価:23,410.19(-20.51円)

TOPIX:1,720.77(-1.30)

・日経ジャスダック平均株価:3,735.06(+13.52)

東証マザーズ指数:906.21(+0.34)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の予定
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

11月企業物価指数(8:50)
10-12月期法人企業景気予測調査(8:50)

『海外』

パウエルFRB議長会見
米11月消費者物価指数(22:30)
米11月財政収支(12/12 4:00)

~~~~~~~~~~~~~
LINEにて相談受付中!
~~~~~~~~~~~~~

 

 
 

日本投資機構株式会社

 
【株式2.0】

「株式2.0」への詳細はこちら

 
 
「株式2.0」公式LINE@
ID:@fib1729i
友だち追加URL:http://nav.cx/igoc3u1
 

サルでも1000万円貯まる[つみたてNISA]
日本投資機構株式会社 志村暢彦監修作品

日本投資機構株式会社

東京市場寄付き『市況』by日本投資機構株式会社 評判

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■12月10日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

週内に重要イベント控え、様子見ムードの強い展開に。
場中発表の中国経済指標には注意。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、アナリストのkanonです。

本日は米国株価指数の下落が重荷となり、
売り先行後、様子見ムードの強い展開が想定されます。

また、10時半には中国の11月消費者物価指数
生産者物価指数が発表になるため、
この時間帯には、中国・上海株を横睨みながら
相場が上下に振れる可能性もあるでしょう。

市場では対中関税の第4弾の
全面発動は見送られるとの見方が有力ですが、
米中通商協議ではは以前にも合意間近になって
重要な問題で合意が難しいとして
交渉が決裂したことがあり、
期限までは予断を許されない状況です。

今週は、好業績、出遅れ銘柄の買いと、
既に高値圏にある景気敏感株の売りを
セットにして取り組んでいくと
リスクを限定しつつ、リターンを狙えると見ています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『NYダウ工業30種平均』

9日の米株式市場でダウ工業株30種平均は、
前週末比68ドル52セント安の2万7,946ドル54セントと反落。

前週末の米国株価指数
好調な雇用統計を受け大幅高となりましたが、
今週は11日に米連邦公開市場委員会FOMC)の結果発表、12日に英国の総選挙、
15日には米国の対中追加関税「第4弾」の全面発動の期限など
重要イベントを控えており、利益を確定する売りが波及しました。

半導体関連銘柄にもリスクオフの売りが優勢となり、
ナスダック総合株価指数も反落して終了しています。

『為替』

9日のNY外国為替市場で円相場は、1ドル=108円50銭~60銭と横ばい。

米中貿易交渉の不透明感から
低リスク通貨とされる円に買いが先行しましたが、
その後は伸び悩み、方向感に欠ける展開となりました。

日経平均先物

9日のシカゴ日経平均先物12月物は前週末比160円安の2万3,370円と反落。

前週末に上げた反動から利益確定の売りが優勢となりました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:27,909.60 (-105.46)

・ナスダック:8,621.827 (-34.702)

・S&P500:3,135.96 (-9.95)

・為替 ドル円:108.57-108.58(+0.01)

『国内』

日経平均株価:23,430.70(+76.30円)

TOPIX:1,722.07(+8.71)

・日経ジャスダック平均株価:3,721.54(+10.23)

東証マザーズ指数:905.87(-5.22)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

11月マネーストック(8:50)
11月工作機械受注(15:00)
5年国債入札 

『海外』

中国11月消費者物価指数(10:30) 
中国11月生産者物価指数(10:30)
独12月ZEW景況感指数(19:00)
FOMC(~12/11)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日決算発表
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

シーイーシー、アスカネット、ベステラ、大盛工業
テンポスHD、サトウ食品アマガサアールエイジ
山岡家、グッドコムA、SYSHD、トビラシステム、
サムコ、トランザス、マツモト、トーホー、
シルバーライフ、きんえい

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

・【7077】ALINK
本日上場のIPO銘柄。天気予報専門メディア「tenki.jp」を運営。
想定時価総額が小さく、投機的な買いが集中する期待も。

※こちらは直近材料が出た銘柄など、
アナリスト注目の銘柄で推奨ではございません。

また、寄り付いてからの値動きが荒くなり、
相場を見て柔軟な売買判断ができない場合は
リスクが高くなってしまうこともございますので
ご注意いただければと思います。

~~~~~~~~~~~~~
LINEにて相談受付中!
~~~~~~~~~~~~~

個別の銘柄相談やポートフォリオ診断は
LINEにて随時受け付けておりますので
お気軽にご相談ください。

 

 
 

日本投資機構株式会社

 
【株式2.0】

「株式2.0」への詳細はこちら

 
 
「株式2.0」公式LINE@
ID:@fib1729i
友だち追加URL:http://nav.cx/igoc3u1
 

サルでも1000万円貯まる[つみたてNISA]
日本投資機構株式会社 志村暢彦監修作品

日本投資機構株式会社

東京市場大引け『市況』by日本投資機構株式会社 評判

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■12月9日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

米国株の上昇を好感した買いが先行も、
為替や上海株を横にらみながら伸び悩む展開に。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

9日の東京株式市場で日経平均株価は、
前日比76円30銭高の2万3,430円70銭と続伸。

前週末の米国株の上昇を好感した買いが先行する展開となりました。

内閣府が寄り付き前に発表した7~9月期の国内総生産GDP)改定値は、
物価変動を除いた実質の伸び率が速報値から上方修正され、
設備投資の増加が目立ったことから、関連銘柄の買い安心感を誘っています。

一方で、上海株が軟調に推移したことや、
ドル円相場がそこまで円安方向に動かなかったことを材料に
上値では戻り待ちの売りが波及し、上げ幅を縮小して終了。

米国が対中追加関税の発動を予定する12月15日までは
様子を見たいとの向きもあり、売買も低調となりました。

新興市場はまちまちとなり、日経ジャスダック平均は続伸、
東証マザーズ指数は反落して終了。

『海外』

9日午前の中国・上海株式相場で上海総合指数は小幅反落。

中国国内景気の減速や中国からの資金流出への懸念がくすぶるなか、
米中貿易交渉の動向や11月の月次経済指標を見極めたいとの様子見気分が強く、
売りが優勢となりました。

『為替』

14時時点の東京外国為替市場で円相場は、1ドル=108円57~58銭と円高に傾倒。

15日に米国の対中関税「第4弾」の全面発動を控え、
米中貿易摩擦への警戒感から低リスク通貨とされる円には買いが入りました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

アナリストのKanonです。

前週末の米国株価指数の上昇に比べると、
本日の日経平均株価は伸び悩む展開となりました。

今週は海外の重要イベントが目白押しですので、
様子を見たいとの投資家心理は理解できますし、仕方ないでしょう。

ここまで上昇基調を強めてきて、
25日線、75日線と株価が乖離している銘柄には
利益を確定する売りが出やすい点に注意が必要ですが、
米中貿易協議に左右されにくく、
出遅れ感のある銘柄などを狙っていく分には
十分に妙味のある相場だと見ています。

日経平均株価が年初来高値付近に近づいた場面では
短期目線での景気敏感株の空売りを入れておくと
リスクヘッジとして有効でしょう。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:28,015.06 (+337.27)

・ナスダック:8,656.529 (+85.828)

・S&P500:3,145.91 (+26.48)

・為替 ドル円:108.57-108.58(-0.09)

『国内』

日経平均株価:23,430.70(+76.30円)

TOPIX:1,722.07(+8.71)

・日経ジャスダック平均株価:3,721.54(+10.23)

東証マザーズ指数:905.87(-5.22)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の予定
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

11月マネーストック(8:50)
11月工作機械受注(15:00)
5年国債入札 

『海外』

中国11月消費者物価指数(10:30) 
中国11月生産者物価指数(10:30)
独12月ZEW景況感指数(19:00)
FOMC(~12/11)

~~~~~~~~~~~~~
LINEにて相談受付中!
~~~~~~~~~~~~~

 
 

日本投資機構株式会社

 
【株式2.0】

「株式2.0」への詳細はこちら

 
 
「株式2.0」公式LINE@
ID:@fib1729i
友だち追加URL:http://nav.cx/igoc3u1
 

サルでも1000万円貯まる[つみたてNISA]
日本投資機構株式会社 志村暢彦監修作品

日本投資機構株式会社

東京市場寄付き『市況』by日本投資機構株式会社 評判

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■12月9日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

11月の米雇用統計は市場予想を大幅に上回る。
米中協議の進展期待も支えとなり買いが優勢に。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、アナリストのkanonです。

先週末の米雇用統計は市場予想を
大幅に上回る良好な内容となりました。

これを好感して本日は日本株市場でも買いが先行しそうです。

今週は9日~10日の米FOMC、12日の英国議会総選挙、
15日の米国による対中追加関税の発動など
イベントが盛り沢山です。

FOMCについては良好な雇用統計の内容も相まって、
当面は利下げが打ちとめられるとの観測は
既に市場に織り込み済みだと分析。

米中関係や英国議会総選挙については
今のところポジティブな報道が目立ちます。

米中関係についてはクドロー米大統領国家経済会議委員長が6日に
「米国と中国は中国による米国産農産品の購入額で合意を目指し、
協議を進めている」と述べたと伝わっており、
英総選挙に関しては「ジョンソン首相率いる与党・保守党が
過半数議席を確保する見通しが世論調査で示されている」と伝わっています。

土壇場になって、「合意は難しい」などといったニュースが出てこない限りは、
今週の日経平均株価が年初来高値を更新する期待ができるでしょう。

積極的に買っていきたい場面ですが、
リスクヘッジを考えるのであれば
上昇しているところを狙って景気敏感株を
短期目線で空売りしておくなどすると有効かと見ています。

具体的な手法などについてはお気軽に聞いてくださいね。

それでは今週も頑張って参りましょう。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『NYダウ工業30種平均』

6日の米株式市場でダウ工業株30種平均は、
前日比337ドル27セント高の2万8,015ドル06セントと大幅続伸。

6日に発表された11月の雇用統計で非農業部門の雇用者数が
前月比で26万6,000人増と市場予想(19万人増)を大きく上回り、
米景気減速への懸念が後退したことで
景気敏感株などに買いが優勢となりました。

9月、10月分も上方修正され、
直近3ヶ月の平均雇用者数は好調の目安とされる20万人を上回り、
足元で伸び悩んでいた雇用が盛り返したとして好感されています。

また、中国国務院(政府)は6日、
米国産の大豆や豚肉について追加関税の免除を続けると発表。

9月から始めた関税の免除枠を使い切り、
中国が他国産に切り替えるとの観測も出ていただけに、
米中通商協議が進展しているとの思惑が買いを誘いました。

ナスダック総合株価指数も続伸して終了しています。

『為替』

6日のNY外国為替市場で円相場は、1ドル=108円50銭~60銭と円高に傾倒。

15日の米国による対中制裁関税「第4弾」の発動期限を前に、
米中が合意できるか不透明だとして、断続的なリスクオフの円買いが見られています。

日経平均先物

6日のシカゴ日経平均先物12月物は前日比200円高の2万3,530円と反発。

11月の米雇用統計が好感され、日本株にも買いが波及しています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:28,015.06 (+337.27)

・ナスダック:8,656.529 (+85.828)

・S&P500:3,145.91 (+26.48)

・為替 ドル円:108.61-108.62(-0.05)

『国内』

日経平均株価:23,354.40(+54.31円)

TOPIX:1,713.36(+1.95)

・日経ジャスダック平均株価:3,711.31(+10.49)

東証マザーズ指数:911.09(+8.72)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

10月経常収支(8:50)
7-9月期GDP確定値(8:50)
11月景気ウォッチャー調査

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日決算発表
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

アルトナー学情、ストリーム、Bガレージ、GA TECH、
日東網、イムラ封筒ミライアル、ライクキッズ、
Casa、B&P、萩原工業、泉州

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

・【6658】シライ電子
310円付近に位置する中長期線を
下支えとした反発に期待。

※こちらは直近材料が出た銘柄など、
アナリスト注目の銘柄で推奨ではございません。

また、寄り付いてからの値動きが荒くなり、
相場を見て柔軟な売買判断ができない場合は
リスクが高くなってしまうこともございますので
ご注意いただければと思います。

~~~~~~~~~~~~~
LINEにて相談受付中!
~~~~~~~~~~~~~

個別の銘柄相談やポートフォリオ診断は
LINEにて随時受け付けておりますので
お気軽にご相談ください。

 

 
 

日本投資機構株式会社

 
【株式2.0】

「株式2.0」への詳細はこちら

 
 
「株式2.0」公式LINE@
ID:@fib1729i
友だち追加URL:http://nav.cx/igoc3u1
 

サルでも1000万円貯まる[つみたてNISA]
日本投資機構株式会社 志村暢彦監修作品

日本投資機構株式会社