日本投資機構 公式ブログ

日本株、外国株、仮想通貨、為替、投資に役立つシステム開発やセミナー、投資塾などグローバルに展開する日本投資機構株式会社

7月29日(木)米FOMC通過や中国株の反発を受けて投資家心理が好転。

┏━━━━━━━━━━━
■7月29日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━

FOMC通過や中国株の反発を受けて投資家心理が好転。
買い先行後、2万7,800円を前に伸び悩む展開に。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━
 
『国内』
 
本日の東京株式市場で日経平均株価
前日比200円76銭高の2万7,782円42銭と続伸。

FOMCを無事通過したことから買いが先行。

ここのところ軟調に推移していた中国株が
反発したことも投資家心理を明るくし、
好決算を発表した銘柄などを物色する動きが強まりました。

ただ、時間外取引で米国株価指数先物が弱含んだため、
買い一巡後は様子見ムードの強まっています。

新興市場でも買戻しが優勢となり、
日経ジャスダック平均株価、東証マザーズ指数も反発しています。

『海外』

29日午前の中国・上海株式市場で、上海総合指数は反発。

中国の証券規制当局が、中国の投資銀行幹部と会談したと伝わったことで、
中国当局が市場の懸念払拭に動いているとの見方が浮上し、
買戻す動きが優勢となりました。

『為替』

29日14時時点の東京外国為替市場で
円相場は1ドル=109円79~80銭近辺と円高に傾倒。

パウエル議長の会見を受けて、
緩和的な米金融政策が長期化するとの見方から
円買いが優勢となりました。

┏━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━

Kanonです。本日もお疲れさまでした。

新型コロナウイルスの感染者数増加は
投資家心理の重荷となっているものの、

企業の決算発表は好調な内容が続いており、
下値での買い意欲は旺盛です。

決算通過を機に業績面を評価しての買いが加速する
可能性にも期待していければと思います。

また、決算発表が出そろう8月中頃には
東京五輪ピックも終了し、秋に予定する衆議院解散・総選挙に
投資家の視点が移ると見ております。

市場参加者が夏休みから戻ってくることに、
選挙を前にしての政策期待も高まりやすく、
相場全体の底上げに期待ができるでしょう。

┏━━━━━━━━━━━
■明日の予定
┗━━━━━━━━━━━

『国内』

6月失業率(8:30)
6月有効求人倍率(8:30)
6月鉱工業生産(8:50)
6月商業動態統計(8:50)
6月住宅着工統計(14:00)

『海外』

ユーロ圏4-6月期GDP(18:00)
米6月個人所得・個人消費支出(21:30)

┏━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:34,930.93(-127.59)

・ナスダック:14,762.584(+102.008)

・S&P500:4,400.64(-0.82)

ドル円:109.82-109.84(-0.15)

『国内』

日経平均株価:27,782.42(+200.76)

TOPIX:1,927.43(+7.78)

・日経ジャスダック平均株価:3,979.80(+22.91円)
 
東証マザーズ指数:1,114.67(+17.37)
 

7月29日(木)米FOMCを波乱なく通過し、買いが先行。

┏━━━━━━━━━━━
■7月29日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━

FOMCを波乱なく通過し、買いが先行。
国内感染者数の増加は引き続き重荷か。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━

おはようございます、Kanonです。

今回のFOMCについては、特にサプライズはなく
市場予想通りの内容となりました。

ただ、パウエル米FRB議長が、FOMC後の講演で
テーパリングの開始時期について決めていないとしたことは
市場の安心感につながると見られます。

本日の日本株市場は、イベント通過の安心感と
前日の下落に対する反動で買い先行の展開となるでしょう。

しかし、「夏枯れ相場」で、引き続き
投資家の物色意欲は限定的になると見られます。

また、明日は週末で、月末安アノマリーも意識されるほか、
国内でも新型コロナの感染者数が増加していることも重荷で、
伸び悩む展開が想定されるとして本日の相場を見ていきましょう。

┏━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━

『NYダウ平均』

28日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は、
前日比127ドル59セント安の3万4,930ドル93セントと続落。

新型コロナウイルスの変異種感染拡大による
世界景気の先行き懸念から売りが優勢となりました。

ただ、波乱なくFOMCを通過したことが安心材料となったほか、
好決算を発表した銘柄に買いが向き、
ナスダック指数は反発して終了しています。

『為替』

28日のNY外国為替市場で円相場は1ドル=109円85~95銭と円安に傾倒。

FOMCの結果発表後に米長期金利が上昇した局面で、
日米金利差の拡大を意識した円売りが波及しています。

日経平均先物

28日の大阪取引所で日経平均先物9月物は、
前日比200円高の2万7,790円と反発。

米株式市場でナスダック指数が上昇したことを受けて、
日経平均先物も買戻しの動きが優勢です。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の予定
┗━━━━━━━━━━━

『国内』

2年国債入札

『海外』

米4-6月期GDP速報値(21:30)
米6月NAR仮契約住宅販売指数(23:00)
米7年国債入札

┏━━━━━━━━━━━
■本日決算発表
┗━━━━━━━━━━━

キーエンス、村田製、OLC、HOYA、ファナック富士通パナソニック
三菱電、京セラ、NRI、オムロン、三住トラスト、ZOZO、大和証G、
積水化、大日住薬、大東建、大ガス、ヒューリック、カプコン小林製薬
富士電機アコムSBI東武、邦ガス、新電工、日野自、ベネ・ワン、
東電力HD、JCRファーマ、きんでん、PALTAC、ミツコシイセタン、
コニカミノルタ、ISID、アンリツ、NESIC、九電工、アルプスアル、
日電硝、システナ、相鉄HD、日ガス、芙蓉リース、メイテック、中国銀、
ダイビル東海理化、デクセリアルス、北陸電、TOKAIHD、サカイ引越、
滋賀銀、Jストリーム

┏━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:34,930.93(-127.59)

・ナスダック:14,762.584(+102.008)

・S&P500:4,400.64(-0.82)

ドル円:109.87-109.88(-0.10)

『国内』

日経平均株価:27,581.66(-388.56)

TOPIX:1,919.65(-18.39)

・日経ジャスダック平均株価:3,956.89(-38.12円)
 
東証マザーズ指数:1,097.30(-39.62)

┏━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━

・【5957】日東精工

今期経常を27%上方修正。

※こちらはアナリスト注目の銘柄で
推奨ではありません。

 

7月28日(水)新型コロナウイルスの感染拡大を警戒して軟調な展開に。

┏━━━━━━━━━━━
■7月28日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━

新型コロナウイルスの感染拡大を警戒して軟調な展開に。
米国株市場で利確売りが波及していることも重荷。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━

おはようございます、Kanonです。

規制強化を嫌気した中国株売りは止まらずに、
前日の上海や香港の株式市場は
大引けにかけて売りが加速する展開に。

こうしたリスクオフムードが米国株市場にも波及したほか、
決算を発表した銘柄が一旦の好材料出尽くしと見た売りに押されたことで
昨夜の米国株市場では主要3指数が反落しています。

本日は日本株市場でも売りが先行する展開が想定されるでしょう。

米国株市場の終了後に決算を発表したアップルが
今後の売り上げの伸び率鈍化、供給のタイト化見通しを会見で示し、
時間外取引で売られていることも
投資家心理をネガティブにする要因となりそうです。

ただ、日本株は値頃感のある水準での推移が続いており、
下値での押し目買いは入りやすいです。

値がさの半導体関連などは軟調に推移しそうですが、
その分、個別銘柄へ資金が向く期待もできるとして
本日の相場を見ていきましょう。

┏━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━

『NYダウ平均』

27日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は、
前日比85ドル79セント安の3万5,058ドル52セントと反落。

中国株の大幅下落を受けて、
米国株市場でも目先の利益を確定する売りが先行。

新型コロナウイルスのデルタ型の感染拡大で、
世界経済の先行き懸念が強まっていることも
売り材料となりました。

ナスダック指数も反落して終了しています。

『為替』

27日のNY外国為替市場で円相場は1ドル=109円75~85銭と円高に傾倒。

世界的な株安を受けて投資家のリスク回避姿勢が強まるとの見方から
低リスク通貨とされる円買いが優勢となりました。

日経平均先物

27日の大阪取引所で日経平均先物9月物は、
前日比360円安の2万7,590円と続落。

中国のネット企業規制や新型コロナウイルスの感染拡大への警戒感が広がり、
日経平均先物にも売りが優勢です。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の予定
┗━━━━━━━━━━━

『国内』

日銀金融政策決定会合の「主な意見」(7/15~16開催分)

『海外』

パウエルFRB議長会見

┏━━━━━━━━━━━
■本日決算発表
┗━━━━━━━━━━━

エムスリー、キヤノン、日産自、アドバンテ、TDK、JPX、サイバエージ、
小糸製、日立金、東ガス、京王、日立建、東映アニメ、スクリン、静岡銀、
カゴメ、アイカ工、大特鋼、マネックスG、アサヒHD、航空電、トクヤマ
沖縄セルラー、H2Oリテイル、SHOEI、Vコマース、メタウォーター、
横河ブHD、エクセディ、モリタHD、太平洋、ブルボン、SBテクノロジ、
アイチコーポ、伊藤忠食、東エレデバ、エレマテック、エンプラス、
青森銀、バルカー、エステー

┏━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:35,058.52(-85.79)

・ナスダック:14,660.576(-180.137)

・S&P500:4,401.46(-20.84)

ドル円:109.78-109.79(-0.30)
\
『国内』

日経平均株価:27,970.22(+136.93)

TOPIX:1,938.04(+12.42)

・日経ジャスダック平均株価:3,995.01(+10.05円)
 
東証マザーズ指数:1,136.92(-5.12)

┏━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━

・【7777】スリー・ディー・マトリックス

アスベストが原因で発症する悪性胸膜中皮腫に対して、
顕著な治療効果の可能性がある核酸医薬の抗がん剤の開発に
成功したと共同開発先の広島大学が発表。

※こちらはアナリスト注目の銘柄で
推奨ではありません。
 

7月26日(月)米主要3指数の最高値更新を好感して買い先行。

┏━━━━━━━━━━━
■7月26日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━

米主要3指数の最高値更新を好感して買い先行。
上値では戻り売りも波及し、伸び悩んで終了。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━
 
『国内』
 
本日の東京株式市場で日経平均株価
前日比285円29銭高の2万7,833円29銭と続伸。

前週末に米主要3指数が最高値を更新したことを受けて、
買いが先行する展開となりました。

新型コロナウイルスのデルタ株に対する
ワクチンの予防効果に関する研究結果が
米国で発表されたことも安心材料に。

ただ、米国株価指数先物が弱含む推移となったこともあり、
上値では戻り売りが波及し、伸び悩んで終了しています。

新興市場でも楽観ムードが続き、
日経ジャスダック平均株価、
東証マザーズ指数は続伸して終了しています。

『海外』

26日の中国・上海株式市場で、上海総合指数は続落。

中国当局によるネット大手や教育産業への規制強化を巡る
懸念が投資家心理の重荷となっています。

『為替』

26日14時時点の東京外国為替市場で
円相場は1ドル=110円33~34銭近辺と円安に傾倒。

前週末の米国株高を受けて、
低リスク通過とされる円には売りが優勢となりました。

┏━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━

Kanonです。本日もお疲れさまでした。

東京五輪に関する過度な懸念感の後退や、
米国株高を支えとして本日は堅調な相場展開となりました。

これから発表が本格化する企業業績への
期待感も相場の支えになっている模様です。

ただ、前週末に決算を発表した
【6594】日本電産が朝高後、マイナス圏に沈み、
3.23%安で終了していることからも分かる通り、

デルタ株の感染が世界的に広がるなかで、
景気の先行きには慎重な見方も根強い模様。

決算発表持ち越しによって、
材料出尽くしと見た売りが波及する可能性も考慮しながら、
銘柄個々の売買判断を行っていきたいです。

┏━━━━━━━━━━━
■明日の予定
┗━━━━━━━━━━━

『国内』

40年国債入札

『海外』

FOMC(~7/28)
米6月耐久財受注(21:30)
米5月S&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数

┏━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:35,061.55(+238.20)

・ナスダック:14,836.991(+152.394)

・S&P500:4,411.79(+44.31)

ドル円:110.31-110.32(+0.23)

『国内』

日経平均株価:27,833.29(+285.29)

TOPIX:1,925.62(+21.21)

・日経ジャスダック平均株価:3,984.96(+22.67円)
 
東証マザーズ指数:1,142.04(+4.05)

7月26日(月)米国株高や東京五輪に関する不透明感後退で買い優勢。

┏━━━━━━━━━━━
■7月26日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━

米主要3指数が最高値を更新したことや、
東京五輪に関する不透明感後退を受けて買いが優勢に。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━

おはようございます、Kanonです。

日本株市場の連休中には米主要3指数が最高値を更新。

ダウ平均は、終値ベースで史上初の
3万5,000ドル乗せとなっています。

これを受けて、日本株市場でも、
売り方の買い戻しを巻き込む形で、
買いが加速する展開となりそうです。

国内感染者数の増加は重荷ではあるものの
オリンピックが無事にスタートし、
現時点で混乱なく進行していることを安心材料として
これまで様子見をしていた資金の流入にも期待。

今週から決算発表も本格化しますので、
企業業績に焦点を当てた買いも支えになりやすいとして
本日の相場を見ていきましょう。

┏━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━

『NYダウ平均』

23日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は、
前日比238ドル07セント高の3万5,061ドル42セントと続伸。

市場予想を上回る増収増益となった
クレジットカードのアメリカン・エキスプレスなど
決算発表を好感しての買いが優勢となりました。

経済活動の再開を追い風として消費関連が堅調なほか、
主力ハイテク株にも決算発表に期待しての買いが優勢。

ナスダック指数も最高値を更新しております。

『為替』

23日のNY外国為替市場で円相場は1ドル=110円50~60銭と円安に傾倒。

米株高を受けて、低リスク通貨とされる円には売りが優勢です。

日経平均先物

23日の大阪取引所で日経平均先物9月物は、
前日比235円高の2万8,180円と続伸。

米国株の上昇に連れ高する展開となりました。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の予定
┗━━━━━━━━━━━

『国内』

6月全国百貨店売上高(14:30)

『海外』

独7月Ifo景況感指数(17:00)
米6月新築住宅販売(23:00)
米2年国債入札

┏━━━━━━━━━━━
■本日決算発表
┗━━━━━━━━━━━

中外薬、日東電、スタンレ電、富通ゼネ、マクニカ富士、
ナガワ、インソース、栄研化、信越ポリ、トランコム
蝶理、日精線、ピーシーエー、高純度化、KIMOTO

┏━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:35,061.55(+238.20)

・ナスダック:14,836.991(+152.394)

・S&P500:4,411.79(+44.31)

ドル円:110.53-110.55(+0.45)

『国内』

日経平均株価:27,548.00(+159.84)

TOPIX:1,904.41(+15.52)

・日経ジャスダック平均株価:3,962.29(+8.75円)
 
東証マザーズ指数:1,137.99(+0.29)

┏━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━

・【2492】インフォマート

上期経常を2.6倍上方修正。

※こちらはアナリスト注目の銘柄で
推奨ではありません。

 

7月21日(水)米国株高を受けて投資家心理が改善。

┏━━━━━━━━━━━
■7月21日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━

米国株高を受けて投資家心理が改善。
買い一巡後は連休を控えて膠着感が強まる。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━
 
『国内』
 
本日の東京株式市場で日経平均株価
前日比159円84銭高の2万7,548円00銭と反発。

前日の米国株高を受けて、
輸送用機器や非鉄金属など景気敏感を中心に
幅広い銘柄に買いが先行する展開となりました。

しかし、買い一巡後は手控えムードが強まり、
上げ幅を縮小して終了しています。

新興市場でも米国株化指数の反発を安心材料とした買いが入り、
日経ジャスダック平均株価、東証マザーズ指数は
反発して終了しています。

『海外』

21日の中国・上海株式市場で、上海総合指数は反発。

中国国内の新規材料に乏しいなか、
指数は前日まで3日続落しており、
値ごろ感を意識する買いが優勢となりました。

『為替』

21日14時時点の東京外国為替市場で
円相場は1ドル=109円87~88銭近辺と円安に傾倒。

米国株価指数の反発を受けて、
リスクオフ通過とされる円には売りが先行したものの
明日からの4連休を控えて値動きは限定的です。

┏━━━━━━━━━━━
■今週の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━

Kanonです。今週もお疲れさまでした。

本日の日本株市場では買いが先行したものの、
連休を控えて持ち高調整の売りが波及し
伸び悩む展開となりました。

ただ、来週は22年3月期第1四半期(4-6月)の
決算発表が徐々に出てくる予定で、

先んじて本日大引け後に発表を行った
【6594】日本電産の税引き前利益も
前年同期比で60%増益となる見通しと好調です。

ここ数日の相場は、
連休前で様子見ムードが強まりやすかっただけに、
企業業績に着目した実需の買いが入る
期待ができるとして来週の相場を見ていきましょう。

┏━━━━━━━━━━━
■月曜日の予定
┗━━━━━━━━━━━

『国内』

6月全国百貨店売上高(14:30)

『海外』

独7月Ifo景況感指数(17:00)
米6月新築住宅販売(23:00)
米2年国債入札

┏━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:34,511.99(+549.95)

・ナスダック:14,498.878(+223.894)

・S&P500:4,323.06(+64.57)

ドル円:109.91-109.92(+0.29)

『国内』

日経平均株価:27,548.00(+159.84)

TOPIX:1,904.41(+15.52)

・日経ジャスダック平均株価:3,962.29(+8.75円)
 
東証マザーズ指数:1,137.99(+0.29)

 

7月21日(水)米国主要3指数の大幅反発を受けて投資家心理が改善。

┏━━━━━━━━━━━
■7月21日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━

米国主要3指数の大幅反発を受けて投資家心理が改善。
買戻しが優勢も4連休を控えて商い低調か。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━

おはようございます、Kanonです。

押し目は買い」と見る投資家が多いこと、
今後も景気回復と金融緩和が適度に両立する
「適温相場」が続くとの観測が根強いことから
前日の米国株式市場では買戻しの動きが加速。

日本株市場でも投資家心理が改善し、
買い優勢の展開となりそうです。

もっとも明日からは4連休を控えており、
日本国内では、東京都の20日の感染者数が
火曜日で過去最高になるなど、
新型コロナウイルス感染拡大懸念は根強い状況。

実需の買いというよりも、
売り方の買い戻しが中心になりやすいほか、
後場にかけては手仕舞い売りも波及しやすいとして
本日の相場を見ていきたいです。

┏━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━

『NYダウ平均』

20日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は、
前日比550ドル35セント高の3万4,512ドル39セントと大幅反発。

前日に今年最大の下落幅を記録した反動で、
短期的な戻りを期待した買いが優勢となりました。

発表が本格化する企業決算への期待感も買い材料に。

ハイテク株にも押し目を狙った買いが入り、
ナスダック指数も6営業日ぶりに反発。

『為替』

20日のNY外国為替市場で円相場は1ドル=109円80~90銭と円安に傾倒。

米株式相場が大幅に反発し、
低リスク通過とされる円には売りが優勢となりました。

日経平均先物

20日の大阪取引所で日経平均先物9月物は、
前日比465円高の2万7,730円と大幅反発。

前日の下落に対する反動で、大きく反発して終了しています。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の予定
┗━━━━━━━━━━━

『国内』

日銀金融政策決定会合議事要旨(6/17~18開催分)
6月貿易収支(8:50)
6月訪日外国人客数

『海外』

米20年国債入札
ビットコイン関連イベント「The B Word」開催

┏━━━━━━━━━━━
■本日決算発表
┗━━━━━━━━━━━

日電産、オービック、野村不HD、OBC、
ジャフコG、東製鉄、キヤノン電、ナフコ
岩井コスモ、サーティワン、エイトレッド

┏━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:34,511.99(+549.95)

・ナスダック:14,498.878(+223.894)

・S&P500:4,323.06(+64.57)

ドル円:109.90-109.91(+0.28)

『国内』

日経平均株価:27,388.16(-264.58)

TOPIX:1,888.89(-18.24)

・日経ジャスダック平均株価:3,953.54(-17.54円)
 
東証マザーズ指数:1,128.70(-8.29)

┏━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━

・【3390】INEST

東証が21日売買分から信用取引の臨時措置を解除。

※こちらはアナリスト注目の銘柄で
推奨ではありません。

 

7月21日(水)米国主要3指数の大幅反発を受けて投資家心理が改善。

┏━━━━━━━━━━━
■7月21日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━

米国主要3指数の大幅反発を受けて投資家心理が改善。
買戻しが優勢も4連休を控えて商い低調か。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━

おはようございます、Kanonです。

押し目は買い」と見る投資家が多いこと、
今後も景気回復と金融緩和が適度に両立する
「適温相場」が続くとの観測が根強いことから
前日の米国株式市場では買戻しの動きが加速。

日本株市場でも投資家心理が改善し、
買い優勢の展開となりそうです。

もっとも明日からは4連休を控えており、
日本国内では、東京都の20日の感染者数が
火曜日で過去最高になるなど、
新型コロナウイルス感染拡大懸念は根強い状況。

実需の買いというよりも、
売り方の買い戻しが中心になりやすいほか、
後場にかけては手仕舞い売りも波及しやすいとして
本日の相場を見ていきたいです。

┏━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━

『NYダウ平均』

20日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は、
前日比550ドル35セント高の3万4,512ドル39セントと大幅反発。

前日に今年最大の下落幅を記録した反動で、
短期的な戻りを期待した買いが優勢となりました。

発表が本格化する企業決算への期待感も買い材料に。

ハイテク株にも押し目を狙った買いが入り、
ナスダック指数も6営業日ぶりに反発。

『為替』

20日のNY外国為替市場で円相場は1ドル=109円80~90銭と円安に傾倒。

米株式相場が大幅に反発し、
低リスク通過とされる円には売りが優勢となりました。

日経平均先物

20日の大阪取引所で日経平均先物9月物は、
前日比465円高の2万7,730円と大幅反発。

前日の下落に対する反動で、大きく反発して終了しています。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の予定
┗━━━━━━━━━━━

『国内』

日銀金融政策決定会合議事要旨(6/17~18開催分)
6月貿易収支(8:50)
6月訪日外国人客数

『海外』

米20年国債入札
ビットコイン関連イベント「The B Word」開催

┏━━━━━━━━━━━
■本日決算発表
┗━━━━━━━━━━━

日電産、オービック、野村不HD、OBC、
ジャフコG、東製鉄、キヤノン電、ナフコ
岩井コスモ、サーティワン、エイトレッド

┏━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:34,511.99(+549.95)

・ナスダック:14,498.878(+223.894)

・S&P500:4,323.06(+64.57)

ドル円:109.90-109.91(+0.28)

『国内』

日経平均株価:27,388.16(-264.58)

TOPIX:1,888.89(-18.24)

・日経ジャスダック平均株価:3,953.54(-17.54円)
 
東証マザーズ指数:1,128.70(-8.29)

┏━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━

・【3390】INEST

東証が21日売買分から信用取引の臨時措置を解除。

※こちらはアナリスト注目の銘柄で
推奨ではありません。