日本投資機構 公式ブログ

日本株、外国株、仮想通貨、為替、投資に役立つシステム開発やセミナー、投資塾などグローバルに展開する日本投資機構株式会社

9月23日(水)東京市場大引け。「新政権」関連銘柄などに物色の矛先が向く。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■9月23日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

欧米の株安を受けて景気敏感株などに売り先行も、
「新政権」関連銘柄などに物色の矛先が向く。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

23日の東京株式市場で日経平均株価は、
前日比13円81銭安の2万3,346円49銭と小幅反落。

日本の4連休中に欧米・アジアの株式市場が
大幅に下落したことを受け、
運用リスクを回避する売りが先行しました。

欧州で新型コロナの感染が再拡大していることもあり
特に景気敏感株への売りが目立っています。

ただ、12時過ぎに菅首相と日銀の黒田総裁が
首相官邸で会談したと伝わったことなどが好感され、
午後にかけては下げ幅を縮小。

菅新政権の政策に関連する銘柄にも
物色の矛先が向いたことも支えとなりました。

巣ごもり関連とされる銘柄や、IT関連銘柄に買いが入り、
日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸して終了。

『海外』

23日午前の中国・上海株式相場は反発。

ハイテク株に押し目買いが入り指数を支えましたが、
米中対立への懸念は根強く、上値は限定的です。

『為替』

23日14時の東京外国為替市場で円相場は1ドル=105円06~07銭近辺と円安に傾倒。

日本時間23日の米市場でも米株価指数先物が小幅高で推移しており、
投資家のリスク回避姿勢が和らいだため、
「リスクオフ通貨」とされる円には売りが優勢となりました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

アナリストのKanonです。

欧州では新型コロナの感染再拡大が懸念されており、
これから冬を迎えます日本でも同じような
感染再拡大が起こる可能性を考えておかなければなりません。

来年にかけてワクチン開発のニュースなども出て
徐々にコロナ禍は収束に向かうと見られますが、
新型コロナの影響で収益が落ち込んでいる企業については
ここからもう少し「耐え時」が続くと見られます。

そうしたなかでも、日本株市場は
下げれば日銀によるETF買いが支えとなるほか
新政権の誕生といった個別の期待材料も。

下げ幅は限定的な中で、
個別物色が続いていく期待は高いでしょう。

コロナがこの冬にかけてまた流行しそうだと仮定した上でも、
業績の見通しが立つ銘柄を中心に狙っていくことで
充分に利益を狙えると見ています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の予定
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

日銀金融政策決定会合議事要旨(7/14~7/15開催分)
40年国債入札

『海外』

独9月Ifo景況感指数(17:00)
米8月新築住宅販売(23:00)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:27,288.18 (+140.48)

・ナスダック:10,963.637 (+184.839)

・S&P500:3,315.57(+34.51)

・為替 ドル円:105.13-105.15(+0.56)


『国内』

日経平均株価:23,346.49(-13.81円)

TOPIX:1,644.25(-2.17)

・日経ジャスダック平均株価:3,609.86(+13.28円)

東証マザーズ指数:1,212.99(+29.01)

~~~~~~~~~~~~~
LINEにて相談受付中!
~~~~~~~~~~~~~
 


 

株式2.0

 
ID:@fib1729i
友だち追加URL:http://nav.cx/igoc3u1
 
 
 

9月23日(水)本日の東京市場は、新型コロナの感染再拡大が懸念され売りが先行。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■9月23日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

新型コロナの感染再拡大が懸念され売りが先行。
2万3,000円近辺で揉み合う展開か。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、アナリストのKanonです。

日本株市場の連休中には、日経平均先物12月物が
一時2万2,600円近辺まで下落するなど
大幅な調整を見せた株式市場。

これは、欧州で新型コロナの感染が再拡大していることや、
米議会で与野党が対立しており、
追加の経済対策についての協議が停滞していることなどを
嫌気した動きだと見られます。

ただ、前日の米国株市場は下げ渋る動きを見せており、
本日の寄り付きの日経平均株価は2万3,000円近辺での
スタートとなるでしょう。

個別では、為替が依然として円高方向で推移しているため
輸出関連株には手掛けにくさもあり、
感染再拡大の懸念から新型コロナの影響を
受けやすい銘柄にも売りが強まりやすいと見ています。

一方で、アップルなど4~8月の上昇相場で
株式市場の上昇をけん引してきた銘柄の
調整が終わりつつあるとの見方もあり、
コロナ禍でも業績が好調であった銘柄への
資金の戻りに期待ができるでしょう。

11月の、米大統領選に向けて
持ち合い相場が続く可能性が高いですが、
銘柄選別を行った上で、
下値はしっかりと拾っていければと思います。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

22日の米株式相場でNYダウ平均は、
前日比140ドル48セント高の2万7,288ドル18セントと反発。

大手銀行のマネーロンダリングへの関与疑惑が尾を引いたことで
金融株には総じて売りが優勢に

また、欧州でのコロナ感染の再拡大が懸念され
景気敏感株も上値の重い展開となりました。

ただ、新型コロナの影響を受けにくいハイテク株に
押し目買いが入り反発しております。

主力ハイテク株に押し目買いが波及したことで、、
ナスダック指数も反発して終了しています。

『為替』

22日のNY外国為替市場で円相場は、
1ドル=104円90銭~105円00銭近辺と円安に傾倒。

欧州の新型コロナウイルスの感染の再拡大や
米国の追加の経済対策を巡る不透明感を受け、
リスク回避目的の買いが優勢となりました。

日経平均先物

22日のシカゴ日経平均先物12月物は前日比75円高の2万2,885円と反発。

ハイテク株主導で米国株が反発し、
日経平均先物にも買いが波及しております。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:27,288.18 (+140.48)

・ナスダック:10,963.637 (+184.839)

・S&P500:3,315.57(+34.51)

・為替 ドル円:105.00-105.01(+0.43)

『国内』

日経平均株価:23,360.30(+40.93円)

TOPIX:1,646.42(+8.02)

・日経ジャスダック平均株価:3,596.58(+21.08円)

東証マザーズ指数:1,183.98(+5.98)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の予定
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

東京ゲームショウ2020 (オンライン開催、~9/27)

『海外』

米7月FHFA住宅価格指数(22:00)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

・【3679】じげん 

介護・保育領域の人材サービスを手掛ける
HITOWAキャリアサポートの持ち株会社PCHホールディングスの
株式を取得し子会社化すると発表。


※こちらはアナリスト注目の銘柄で
推奨ではありません。

~~~~~~~~~~~~~
LINEにて相談受付中!
~~~~~~~~~~~~~

個別の銘柄相談やポートフォリオ診断は
LINEにて随時受け付けておりますので
お気軽にご相談ください。


 

株式2.0

 
ID:@fib1729i
友だち追加URL:http://nav.cx/igoc3u1
 
 
 

9月18日(金)東京市場大引け。割安株比率の高い日本株には海外勢からの買いが優勢に。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■9月18日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

米ハイテク株が下落も、割安株比率の
高い日本株には海外勢からの買いが優勢に。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

18日の東京株式市場で日経平均株価は、
前日比40円93銭高の2万3,369円30銭と反発。

前日の米国株市場で米連邦公開市場委員会FOMC)通過後に
ハイテク株売りが再開するなかで、
ハイテク株比率の低いとされる日本株
海外勢の買いが見られております。

菅新政権が、衆議院解散により、
長期政権になるとの思惑も日本株の支えに。

勿論、4連休を前にして様子見ムードも強く、
上値は限定的となりました。

新興市場でも買いが優勢となり、、
日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数も続伸して終了。

『海外』

18日午前の中国・上海株式相場は反発。

前日に売られた金融株に値ごろ感を好感した買いが入り、
相場を押し上げております。

『為替』

18日14時の東京外国為替市場で円相場は1ドル=104円81~82銭近辺と円安に傾倒。

国内輸入企業から円売り・ドル買いが出ております。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■来週の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

アナリストのKanonです。

米ハイテク株安や4連休を控えていたことが
本日の市場の重荷となりましたが、
相対的にバリュー株とされる日本株には、
押し目買いが入りやすく底堅い推移となりました。

日本株が米国株よりも強い値動きをすることは
そう多くありませんので、嬉しいですね。

菅新政権についても市場は好感しており、
デジタル庁関連やサイバーセキュリティ関連の銘柄などへは
活発な物色も見られています。

連休明けの来週は、市場イベントも少ないため
新たな材料がない限りは、落ち着いた相場のなかで
テーマ性のある銘柄が物色されるような
展開になりやすいと見ています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■水曜日の予定
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

東京ゲームショウ2020 (オンライン開催、~9/27)

『海外』

米7月FHFA住宅価格指数(22:00)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:27,901.98 (-130.40)

・ナスダック:10,910.277 (-140.192)

・S&P500:3,357.01(-28.48)

・為替 ドル円:104.79-104.81(+0.03)

『国内』

日経平均株価:23,360.30(+40.93円)

TOPIX:1,646.42(+8.02)

・日経ジャスダック平均株価:3,596.58(+21.08円)

東証マザーズ指数:1,183.98(+5.98)

~~~~~~~~~~~~~
LINEにて相談受付中!
~~~~~~~~~~~~~
 


 

株式2.0

 
ID:@fib1729i
友だち追加URL:http://nav.cx/igoc3u1
 
 
 

9月18日(金)本日の東京市場は、米国株の下落を受けて軟調な展開に。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■9月18日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

米国株の下落を受けて軟調な展開に。
4連休を控えることから手控えムードも。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、アナリストのKanonです。

昨夜の米国株市場ではハイテク株に
割高感を意識した売りが見られました。

ダウ平均、ナスダック指数どちらも下落しているため
本日の日本株市場も軟調な展開が想定されますが、
昨夜の米国株指数の動きを見ると下値は買い戻されており、
日銀の買いにも期待できることから
下げ幅は限定的となりやすいでしょう。

個別の物色動向としましては、
コロナショックの相場下落後にまず始まった
コロナ禍でも業績の良い銘柄への買いが一巡し、
その後の出遅れへの循環物色の動きも弱くなってきています。

しばらくは、これまでの物色のなかで起きた
過大評価・過少評価を見直すような動きになりやすいでしょう。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

17日の米株式相場でNYダウ平均は、
前日比130ドル40セント安の2万7,901ドル98セントと反落。

連邦公開市場委員会FOMC)を16日に通過し、
相対的に割高感が強い主力ハイテク株に売りが優勢となりました。

追加経済対策の成立が見通せないことや、
疾病対策センター(CDC)所長が
ワクチンが米国民に行き渡るのは
21年夏以降との見通しを示したことも
懸念感を強めております。

主力ハイテク株にも売りが優勢となり
ナスダック指数も続落して終了しています。

『為替』

17日のNY外国為替市場で円相場は、
1ドル=104円70銭~80銭近辺と円高に傾倒。

米株式相場が下落し、投資家がリスク回避姿勢を強め
金利通貨の円を買う動きが優勢となりました。

日経平均先物

17日のシカゴ日経平均先物12月物は前日比90円安の2万3,210円と小幅続落。

ハイテク株主導で米株が反落し日経平均先物に売りが波及しています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:27,901.98 (-130.40)

・ナスダック:10,910.277 (-140.192)

・S&P500:3,357.01(-28.48)

・為替 ドル円:104.71-104.72(-0.05)

『国内』

日経平均株価:23,319.37(-156.16円)

TOPIX:1,638.40(-5.95)

・日経ジャスダック平均株価:3,575.50(-3.89円)

東証マザーズ指数:1,178.00(-3.23)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の予定
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

8月全国消費者物価指数(8:30)
8月訪日外客数

『海外』

米4-6月期経常収支(21:30)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日決算発表
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

ALBERT

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

・【3927】フーバーブレイン

サイバーセキュリティ関連として見直し買いに期待。

※こちらはアナリスト注目の銘柄で
推奨ではありません。

~~~~~~~~~~~~~
LINEにて相談受付中!
~~~~~~~~~~~~~

個別の銘柄相談やポートフォリオ診断は
LINEにて随時受け付けておりますので
お気軽にご相談ください。
 

 


 

株式2.0

 
ID:@fib1729i
友だち追加URL:http://nav.cx/igoc3u1
 
 
 

9月17日(木)東京市場大引け。グロース株売りを警戒して軟調な展開に。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■9月17日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

為替の円高傾倒が重荷となったほか、
グロース株売りを警戒して軟調な展開に。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

17日の東京株式市場で日経平均株価は、
前日比174円07銭安の2万3,301円46銭と反落。

外国為替市場でドル円相場が104円台後半まで
円高に振れたことが重しとなり、
輸出関連株などに売りが優勢となりました。

日銀によるETF買いの思惑もありましたが、
時間外取引で米国株先物が下げ幅を拡大したことで
後場にかけても安値圏でもみ合って終了しています。

前週末から上昇基調にあったことから
利益を確定する売りが出やすかった面もあるでしょう。

新興市場でも利益を確定する売りが優勢となり、
日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数も下落して終了。

『海外』

17日午前の中国・上海株式相場は続落。

中国の追加の金融緩和への期待が後退しているのに加え、
売買代金の減少傾向を受けて
株式市場のエネルギー低下も警戒されています。

『為替』

17日14時の東京外国為替市場で円相場は1ドル=105円07~08銭近辺と円高に傾倒。

FRBが16日のFOMC後に示した声明を受けて、
ゼロ金利政策の長期化観測が強まり、円買いが優勢となりました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

アナリストのKanonです。

本日の日本株市場が下落したのは、
これまで堅調だった分、利確売りが出やすかったことや
為替が円高方向に動いたことも要因ではありますが、

アメリカの金利上昇によって
ハイテク株への売り加速が再度懸念されていることの方が
本質的に警戒すべきだと見ています。

FOMC前後の市場の動きには、
大きな波乱は見られなかったものの
一部の投資家のなかには、パウエルFRB議長が
国債買い入れ政策など一段の金融緩和策について
踏み込んだ発言をするのではないかといった期待感もあったと見られ、
そうした発言がなかったために金融政策に関しては
材料出尽くし感が台頭している模様です。

勿論、経済活動の正常化や企業業績の底入れにより
株式市場が中長期的に上昇基調となる可能性は高いですが、
高PERの成長株などはこれまで上げ幅を広げてきただけに、
一時的な調整であっても下落幅が大きくなりやすいです。

高値圏にある銘柄や高PERの新興株などについては、
いつも以上に「逃げ時」を意識した取り組みを
行っていくのが良いでしょう。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の予定
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

8月全国消費者物価指数(8:30)
8月訪日外客数

『海外』

米4-6月期経常収支(21:30)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:28,032.38 (+36.78)

・ナスダック:11,050.469 (-139.855)

・S&P500:3,385.49(-15.71)

・為替 ドル円:104.96-104.97(-0.28)

『国内』

日経平均株価:23,319.37(-156.16円)

TOPIX:1,638.40(-5.95)

・日経ジャスダック平均株価:3,575.50(-3.89円)

東証マザーズ指数:1,178.00(-3.23)

~~~~~~~~~~~~~
LINEにて相談受付中!
~~~~~~~~~~~~~

 


 

株式2.0

 
ID:@fib1729i
友だち追加URL:http://nav.cx/igoc3u1
 
 
 

9月17日(木)本日の東京市場は、米FOMCを通過し、保ち合いのなかで循環物色の動きか。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■9月17日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

FOMC通過後の米国株はバリュー株優位な展開に。
日本株は新政権への期待感から底堅いか。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、アナリストのKanonです。

FOMCでは、少なくとも3年間は
政策金利をゼロ付近で維持するとの
見通しが示唆されました。

株式市場にとっては安心材料となりますが、
発表後には材料出尽くし感から、
長期金利が上昇し、米成長株には売りが見られています。

やはり、ここからは、金融緩和を材料視して
成長株が一段高を狙うというよりも
世界景気の回復や、企業業績の底入れを確認しつつ
それに応じた株価まで売られていた銘柄が
戻りを試していくような展開になりやすいでしょう。

本日の日本株市場については、
為替が前日比で円高方向に動いていることが
輸出関連株の重荷となることもあり、
外部要因を材料視した上昇は望めない状況。

しかし、内部要因に目をむけますと、
新政権の誕生に期待が高まっており、
日本株市場は海外に比べて底堅い値動きとなっていますので
上値は追いにくいなかでも循環物色が進むと見られます。

同業他社に比べて出遅れている銘柄や、
割安感の強い銘柄は、狙い目だと見ております。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

16日の米株式相場でNYダウ平均は、
前日比36ドル78セント高の2万8,032ドル38セントと続伸。

FOMCの声明では、ゼロ金利の解除の条件について、
FOMC完全雇用とみる水準まで労働市場が回復する、
物価上昇率が2%に達する、
時的に物価上昇率が緩やかに2%を上回る経路に達するという
3つの条件をフォワドガイダンスに盛り込みました。

金利の長期化は株式市場にとって好材料ですが、
パウエル氏が、景気回復が大方の予想より
早いペースで進んでいると発言したともあり
材料出尽くし感から、米長期金利が上昇し、
ハイテク株売り、バリュー株買いの傾向が見られています。

主力ハイテク株には売りが優勢となり
ナスダック指数も反落して終了しています。

『為替』

16日のNY外国為替市場で円相場は、
1ドル=104円90銭~105円00銭近辺と円高に傾倒。

米低金利環境が長期化するとの見方が強まり、
ドル売り・円買いにつながりました。

日経平均先物

16日のシカゴ日経平均先物12月物は前日比30円安の2万3,300円と小幅反落。

。引けにかけて米株に売りが強まり、
日経平均先物も連れ安しております。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:28,032.38 (+36.78)

・ナスダック:11,050.469 (-139.855)

・S&P500:3,385.49(-15.71)

・為替 ドル円:105.02-105.00(-0.22)

『国内』

日経平均株価:23,475.53(+20.64円)

TOPIX:1,644.35(+3.51)

・日経ジャスダック平均株価:3,579.39(+11.12円)

東証マザーズ指数:1,152.34(+23.20)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の予定
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

黒田日銀総裁会見

『海外』

英国金融政策発表
米8月住宅着工件数(21:30)
米9月フィラデルフィア連銀景気指数(21:30)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日決算発表
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

クスリのアオキ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

・【9726】KNT-CTホールディングス

旅行関連株として見直し買いに期待。

※こちらはアナリスト注目の銘柄で
推奨ではありません。

~~~~~~~~~~~~~
LINEにて相談受付中!
~~~~~~~~~~~~~

個別の銘柄相談やポートフォリオ診断は
LINEにて随時受け付けておりますので
お気軽にご相談ください。
 


 

株式2.0

 
ID:@fib1729i
友だち追加URL:http://nav.cx/igoc3u1
 
 
 

9月16日(水)東京市場大引け。米FOMCの結果公表を控えて膠着感の強い展開に。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■9月16日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

FOMCの結果公表を控えて膠着感の強い展開に。
ナスダック指数の上昇を好感して新興株は活況。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

16日の東京株式市場で日経平均株価は、
前日比20円64銭高の2万3,475円53銭と続伸。

17日未明に米連邦公開市場委員会FOMC)の
結果公表を控え、膠着感の強い展開となりました。

円高を嫌気した景気敏感株への売りが上値の重しになったものの
ソフトバンクグループやハイテク株への買いが
指数を押し上げております。

米ナスダック指数の続伸を好感し、
日経ジャスダック平均も上昇、
東証マザーズ指数は年初来高値近辺で推移しています。

『海外』

16日午前の中国・上海株式相場は小幅反落。

中国国内景気の回復観測が高まり、
利益確定を目的とした売りが優勢となりました。

『為替』

16日14時の東京外国為替市場で円相場は1ドル=105円29~30銭近辺と円高に傾倒。

16日に公表される米連邦公開市場委員会FOMC)の結果と
市場の反応を見極めたいとの雰囲気が強まっています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

アナリストのKanonです。

本日はFOMC前で膠着感の強い展開となりましたが、
マザーズ指数が年初来高値近辺まで上昇するなど
個別株の堅調さは目立っています。

金融緩和が効いていることに加えて
これから景気は回復していくであろうという見通しや
新政権への期待感が相場の支えとなっている模様。

イベントや今週末からの4連休を控えては
一段高を狙いにくい面もありますが、
日経平均株価のチャートは連続して陽線をつけており、
買い意欲の強さが伺えます。

次第に現在の価格帯を上放れてくる期待も高いとして
積極的な取り組みを進めていければと思います。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の予定
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

黒田日銀総裁会見

『海外』

英国金融政策発表
米8月住宅着工件数(21:30)
米9月フィラデルフィア連銀景気指数(21:30)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:27,995.60 (+2.27)

・ナスダック:11,190.324 (+133.673)

・S&P500:3,401.20(+17.66)

・為替 ドル円:105.36-105.37(-0.38)

『国内』

日経平均株価:23,475.53(+20.64円)

TOPIX:1,644.35(+3.51)

・日経ジャスダック平均株価:3,579.39(+11.12円)

東証マザーズ指数:1,152.34(+23.20)

~~~~~~~~~~~~~
LINEにて相談受付中!
~~~~~~~~~~~~~
 


 

株式2.0

 
ID:@fib1729i
友だち追加URL:http://nav.cx/igoc3u1