日本投資機構 公式ブログ

日本株、外国株、仮想通貨、為替、投資に役立つシステム開発やセミナー、投資塾などグローバルに展開する日本投資機構株式会社

12月4日(金)利益確定売りが先行も、押し目買い意欲は強い。

┏━━━━━━━━━━━
■12月4日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━

利益確定売りが先行も、押し目買い意欲は強い。
TOPIXはプラス圏に値を戻して終了。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━

『国内』

本日の東京株式市場で日経平均株価
前日比58円13銭安の2万6,751円24銭と小幅に反落。

製薬大手ファイザー
新型コロナウイルスワクチンの初期出荷目標を
削減したとの報道が嫌気されたことや
週末を控えた手仕舞い売りが波及しやすかったことで、
売りが先行する展開となりました。

ただ、売り一巡後は押し目買いも見られ、
午後にかけてTOPIXはプラス圏に戻して終了しています。

割安株に資金が向いたことで、
日経ジャスダック平均株価は続伸も、
主力株に売り優勢で、
東証マザーズ指数は続落して終了。

『海外』

4日午前の中国・上海株式相場は小幅に続落。

材料難となるなかで、金融株を中心に
目先の利益を確定する目的の売り出ています。

『為替』

4日14時時点の東京外国為替市場で
相場は1ドル=103円91~92銭近辺と円高に傾倒。

日本時間今晩に11月の米雇用統計の発表を控え
持ち高を一方向に傾ける動きは限定的です。

┏━━━━━━━━━━━
■来週の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━

今週もお疲れさまでした。
アナリストのKanonです。

本日の日本株市場は、
下げ幅を拡大する場面が見られたものの
下値では買いが入っています。

相場全体が弱含むなかで、
バリュー株が相対的に強かったことを見ると
「来年の需要回復」に投資家の視点が
本格的に向き始めている可能性があります。

コロナ禍で、無駄なコストをそぎ落とした企業は
売上高が元に戻るだけで以前よりも
好業績をたたき出す期待もできるでしょう。

さらに、年末年始にかけての連休に
個人投資家の資金が新興市場
グロース株に向きやすい面もあります。

値幅が出やすい銘柄が多いので新興市場にも投資を行いたいですが、
「コロナ禍の特需」で収益を拡大している銘柄や、
今年買われすぎた銘柄については、売り逃してしまうと、
買値に戻らなくなってしまう可能性があるため
企業の選別はしっかり行っていきたいです。

相場全体としましては、
10日にメジャーSQを控えますので、先物が主導する形で、
高値圏にある主力株に利食い売りが出る場面もありそうです。

個別株も連れ安する可能性はありますが、
含み益になっていて、チャートを維持している銘柄については、、
過度に懸念しすぎずに期待して見ていければと思います。

┏━━━━━━━━━━━
■月曜日の予定
┗━━━━━━━━━━━

『国内』

10月景気動向指数(14:00)
    
『海外』

中国11月貿易収支
米10月消費者信用残高(12/8 5:00)

┏━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:29,969.52(+85.73)

・ナスダック:12,377.182(+27.816)

・S&P500:3,666.72(-2.29)

・為替 ドル円:103.86-103.87(-0.45)

『国内』

日経平均株価:26,751.24(-58.13円)

TOPIX:1,775.94(+0.69)

・日経ジャスダック平均株価:3,680.29(+5.17円)

東証マザーズ指数:1,221.77(-11.17)

~~~~~~~~~~~~~
LINEにて相談受付中!
~~~~~~~~~~~~~


 

12月4日(金)本日の東京株式市場は、材料不足感から軟調揉み合いか。

┏━━━━━━━━━━━
■12月4日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━

材料不足感から軟調揉み合いか。
週末を控えて手仕舞い売りも出やすい。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━

おはようございます。Kanonです。

本日の日本株市場は、
前日の値幅のなかで揉み合うような
展開になりやすいと見ています。

米国では、追加の経済対策に関する好材料
ファイザー社の新型コロナワクチンに
関する悪材料が伝わっていますが、
財政出動に期待ができることも
ワクチンの普及に時間がかかることも想定線。

新規性のある材料に欠けるなかで
株価は高値圏で利益を確定する売りを
こなしながら揉み合い基調になっています。

どちらに動くかは材料次第ではありますが、
2万7,000円を超えての上昇、
2万6,600円を超えての下落があれば
方向感が大きく出る可能性もあるため
リスクヘッジロスカットの徹底を
きちんと行った上で取り組みを進めていきましょう。

中長期目線で見て、経済活動が正常化すれば
今の株価でも安すぎる銘柄も多数あるため
相場のトレンドはまだ上だと見ていますが、
来週のメジャーSQに向けて短期的に
相場が乱高下する可能性には注意したいです。

┏━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━

『NYダウ平均』

3日の米株式市場でNYダウ平均は
前日比85ドル73セント高の2万9,969ドル52セントと続伸。

党のペロシ下院議長と共和党上院のマコネル院内総務が
追加の米経済対策を巡る協議を再開したと伝わり、
早期に成立する可能性が意識されたことで買いが優勢となりました。

一方で、「ファイザーは今年のワクチン出荷量を
当初予定の半分になると予想している」と報じられたことで、
ワクチン普及に時間がかかるとの懸念が重荷となり
ダウ平均は伸び悩んで終了しています。

ナスダック総合株価指数は反発して終了。

『為替』

3日の東京外国為替市場で円相場は、
1ドル=103円80~90銭近辺と円高に傾倒。

米経済対策の成立が意識されたことで
主要通貨に対するドル売りが強まりました。

日経平均先物

3日のシカゴ日経平均先物12月物は前日比15円安の2万6,710円と続落。

米国株式相場につられる形で売りが優勢となっています。

┏━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:29,969.52(+85.73)

・ナスダック:12,377.182(+27.816)

・S&P500:3,666.72(-2.29)

・為替 ドル円:103.82-103.83(-0.49)

『国内』

日経平均株価:26,809.37(+8.39円)

TOPIX:1,775.25(+1.28)

・日経ジャスダック平均株価:3,675.12(-4.21円)

東証マザーズ指数:1,232.94(-32.62)

┏━━━━━━━━━━━
■本日の予定
┗━━━━━━━━━━━

『海外』

米11月雇用統計(22:30)
米10月貿易収支(22:30)
米10月製造業受注(12/5 0:00)

┏━━━━━━━━━━━
■本日決算発表
┗━━━━━━━━━━━

カナモト、ファーマフーズ、日駐、ポールHD、
アイル、モロゾフエイチームティーライフ、
キタック、トミタ電機

┏━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━

・【3661】エムアップホールディングス

子会社Tixplusが「Go To イベントキャンペーン」における
チケット販売事業の受託事業者として承認。

※こちらはアナリスト注目の銘柄で
推奨ではありません。

~~~~~~~~~~~~~
LINEにて相談受付中!
~~~~~~~~~~~~~

個別の銘柄相談やポートフォリオ診断は
LINEにて随時受け付けておりますので
お気軽にご相談ください。
 


 

12月3日(木)高値警戒感は台頭も、景気敏感株への買いが優勢に。

┏━━━━━━━━━━━
■12月3日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━

景気敏感株への買いが優勢に。
高値警戒感からマイナス圏に沈む場面も。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━

『国内』

本日の東京株式市場で日経平均株価
前日比8円39銭高の2万6,809円37銭と小幅に続伸。

高値警戒感から利益を確定する売りが波及し、
マイナス圏に沈む場面も見られましたが、
ワクチン開発への期待感は根強く、
景気敏感株に買いが入ったことで、
小幅高で大引けを迎えています。

「巣ごもり」関連とされる銘柄に売りが優勢となり
日経ジャスダック平均株価、
東証マザーズ指数は反落して終了。

『海外』

3日午前の中国・上海株式相場は小幅に続落。

指数は12月に入って最高値圏で推移しており、
時価総額の大きい金融株などに
目先の利益を確定する売りが優勢となりました。

『為替』

3日14時時点の東京外国為替市場で
相場は1ドル=104円45~46銭近辺と円高に傾倒。

各通貨に対する「リスクオン」のドル売りが見られており、
円には買いがやや優勢で推移しています。

┏━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━

アナリストのKanonです。

本日は経済活動の正常化期待が高まり
久しぶりにバリュー株優位な展開となりました。

日経平均株価は高値警戒感も根強いですが、
下値はなかなか崩れないので、
来週にかけて一段高となる場面もあるかもしれません。

前日の米国株式市場の取引時間中に
経済対策への期待感が強まったことで
長期金利が上昇したことも
グロース売り、バリュー買いを促したと見られますが、

前日発表の民間の米雇用統計も
市場予想を下回る内容となっており、
緩和的な金融政策は今後も続きやすい環境。

こうした環境下では、
長期金利は1%以上には上昇しにくいと見られ、
落ち着きとともに新興株にも
買いが戻ってくる可能性は高いでしょう。

金利動向と金融政策の方向性を注視しつつも
前向きに取り組みを進めていければと思います。

┏━━━━━━━━━━━
■明日の予定
┗━━━━━━━━━━━

『海外』

米11月雇用統計(22:30)
米10月貿易収支(22:30)
米10月製造業受注(12/5 0:00)

┏━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:29,883.79(+59.87)

・ナスダック:12,349.366(-5.740)

・S&P500:3,669.01(+6.56)

・為替 ドル円:104.47-104.48(-0.09)

『国内』

日経平均株価:26,809.37(+8.39円)

TOPIX:1,775.25(+1.28)

・日経ジャスダック平均株価:3,675.12(-4.21円)

東証マザーズ指数:1,232.94(-32.62)

~~~~~~~~~~~~~
LINEにて相談受付中!
~~~~~~~~~~~~~
 


 

12月3日(木)本日の東京株式市場は、ワクチンの流通による景気回復に期待感。

 

┏━━━━━━━━━━━
■12月3日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━

ワクチンの流通による景気回復に期待感。
バリュー株優位で、グロースは売り先行後切り返すか。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━

おはようございます。Kanonです。

前日の米国株式市場は、
景気対策案がまとまるのではないか」
といった期待が高まったことで
バリュー買い、ハイテク売りの展開となっています。

日本株市場でもこうした動きが意識され
バリュー株が優勢となって始まりそうですが、
日経平均株価が2万7,000円近辺となる水準では
高値警戒感からの売りが出やすいこと、
個人投資家の新興株買い意欲が強いことから
一巡後は個別銘柄のテーマ性、
業績を意識した物色になりやすいでしょう。

こうした動きは今後も続くと見られますので、
年末までは個別でトレンドの綺麗な銘柄を
中心に売買を進めていきたいです。

また、来週末10日のメジャーSQ以降は
需給面で少し不安定になりやすい面があるので、
この辺りまでにある程度利益を
確定できるように取り組んでいきましょう。

┏━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━

『NYダウ平均』

2日の米株式市場でNYダウ平均は
前日比59ドル44セント高の
2万9,883ドル36セントと続伸。

イギリス政府は、米ファイザーなどが開発する
新型コロナウイルスワクチンの使用を承認したと発表。

また、追加の経済対策を巡る与野党協議についても
民主党ペロシ下院議長とシューマー上院院内総務が、
超党派議員グループによる9080億ドル(約95兆円)の案に
支持を表明したことで、年内に法案通過が
実現する可能性が出てきたとして好感されています。

こうしたことから景気の回復期待が強まり、
景気敏感株を中心に買いが優勢となりました。

ハイテク株には利確売りが優勢となり、
ナスダック総合株価指数は反落して終了。

『為替』

2日の東京外国為替市場で円相場は、
1ドル=104円35~45銭近辺と円安に傾倒。

ワクチン開発への期待感から
低リスク通貨とされる円には売り優勢となりました。

日経平均先物

2日のシカゴ日経平均先物12月物は前日比90円安の2万6,825円と反落。

高値警戒感からの利益確定売りが優勢となっています。

┏━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:29,883.79(+59.87)

・ナスダック:12,349.366(-5.740)

・S&P500:3,669.01(+6.56)

・為替 ドル円:104.45-104.47(-0.11)

『国内』

日経平均株価:26,800.98(+13.44円)

TOPIX:1,773.97(+5.59)

・日経ジャスダック平均株価:3,679.33(+11.13円)

東証マザーズ指数:1,265.56(+2.55)

┏━━━━━━━━━━━
■本日の予定
┗━━━━━━━━━━━

『国内』

30年国債入札

『海外』

米11月ISM非製造業指数(12/4 0:00)
非加盟国を含めたOPECプラス会合

┏━━━━━━━━━━━
■本日決算発表
┗━━━━━━━━━━━

アインHD、内田洋、オリバー、
アルチザ、不二電機、ピープル

┏━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━

・【2433】博報堂DYホールディングス

今期の最終利益を35%上方修正。

※こちらはアナリスト注目の銘柄で
推奨ではありません。

~~~~~~~~~~~~~
LINEにて相談受付中!
~~~~~~~~~~~~~

個別の銘柄相談やポートフォリオ診断は
LINEにて随時受け付けておりますので
お気軽にご相談ください。

 

 

 


 

12月2日(水)日経平均株価はマイナス圏に落ち込む場面も。

┏━━━━━━━━━━━
■12月2日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━

日経平均株価はマイナス圏に落ち込む場面も。
中小型株の物色意欲は強くTOPIXは堅調。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━

『国内』

本日の東京株式市場で日経平均株価
前日比13円44銭高の2万6,800円98銭と小幅に続伸。

前日の米国株高を受けて買いが先行したものの
高値警戒感から利益を確定する売りが波及し
マイナス圏に落ち込む場面も見られました。

ただ、出遅れ感のあった銘柄に買いが入ったことで
TOPIXは底堅く推移しています。

新興市場でも個別物色の動きが見られ
日経ジャスダック平均株価、
東証マザーズ指数も上昇して終了。

『海外』

2日午前の中国・上海株式相場は小幅続伸。

中国景気の回復期待が根強いなかで、
足元で冴えない動きが目立っていた
ハイテク株に押し目買いが優勢となりました。

『為替』

2日14時時点の東京外国為替市場で
相場は1ドル=104円38~39銭近辺と円安に傾倒。

新規性のある材料がなく、
方向感に欠ける展開となっています。

┏━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━

アナリストのKanonです。

日経平均株価は、
2万7,000円近辺での高値警戒感が強く、
本日は想定より伸び悩んだ印象です。

そうしたなかで、現在は日経平均株価
TOPIX東証株価指数)で割った
「NT倍率」が算出が始まってから
最大の水準にまで拡大しています。

相場の先高観が強まり、
日経平均先物の価格が急速に上昇しますと、
現物の日経225採用銘柄が
先物の上げにつられる形で上昇するため、
日本を代表する225銘柄で算出されている日経平均株価
東証1部の銘柄で算出されているTOPIX東証株価指数)の
差が広がりやすいのですが、
こうした現象が過去類を見ない水準で
起きていると言えます。

NT倍率の拡大後は、遅れて中小型株に買いが入り、
徐々に倍率が小さくなっていくことが多いので、
しばらくは日経平均株価が高値で乱高下しながらも、
中小型株には個別で物色の矛先が向くような
展開になりやすいと言えるでしょう。

主力株には手仕舞い売りも出やすいと見られますが、
テーマ性の強い銘柄などには物色が続く期待が高いため、
主力株が崩れたタイミングなどの
押し目を狙って人気の高い中小型株を
仕込んでいくのが有効な戦略となりそうです。

明日、明後日と相場の押し目を狙って
順次銘柄をお出ししていければと思います。

┏━━━━━━━━━━━
■明日の予定
┗━━━━━━━━━━━

『国内』

30年国債入札

『海外』

米11月ISM非製造業指数(12/4 0:00)
非加盟国を含めたOPECプラス会合

┏━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:29,823.92(+185.28)

・ナスダック:12,355.106(+156.369)

・S&P500:3,662.45(+40.82)

・為替 ドル円:104.43-104.45(+0.10)

『国内』

日経平均株価:26,800.98(+13.44円)

TOPIX:1,773.97(+5.59)

・日経ジャスダック平均株価:3,679.33(+11.13円)

東証マザーズ指数:1,265.56(+2.55)

~~~~~~~~~~~~~
LINEにて相談受付中!
~~~~~~~~~~~~~
 


 

12月2日(水)本日の東京株式市場は、「景気回復期待」と「政策期待」から株高が持続。

┏━━━━━━━━━━━
■12月2日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━

「景気回復期待」と「政策期待」から株高が持続。
一段の上昇を試す場面も見られるか。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━

おはようございます。Kanonです。

日本時間朝8時時点のシカゴ日経平均先物
前日の現物高値を上回って推移しています。

前日のNY時間の動きを見ますと、
やはり高値警戒感は波及している模様ですが、
買い意欲の方が上回っており、
上昇トレンドは継続中と言えるでしょう。

ワクチン開発期待も高まっている上に、
FRBのパウエル議長が追加の金融緩和に
前向きな発言を行っており、
「景気回復期待」と「政策期待」の両面で
株式市場にとっては居心地の良い環境が続いています。

本日は日経平均株価が2万7,000円を
試す場面も見られるかもしれません。

幅広い銘柄に買いが入る期待ができますので、
売り逃している銘柄などがある場合は、
今日のような日にある程度売っていくのがいいでしょう。

上がってきた銘柄を売却すべきかどうか、
といったご相談もお受けしていますので、
お気軽にご連絡ください。

┏━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━

『NYダウ平均』

1日の米株式市場でNYダウ平均は
前日比185ドル28セント高の
2万9,823ドル92セントと反発。

新型コロナウイルスのワクチン実用化が
近づいているとの期待から
景気敏感株に買いが優勢となりました。

また、FRBのパウエル議長が、
米上院銀行委員会での議会証言で
「対応が過剰になるリスクは、
過小なものにとどまるリスクよりも小さい」と発言。

緩和的な金融政策が今後も続くとの期待から
金利環境が追い風となるグロース株にも買いが入り
ナスダック総合株価指数も反発して終了しています。

『為替』

1日の東京外国為替市場で円相場は、
1ドル=104円25~35銭近辺と円高に傾倒。

主要通貨に対するリスク選好のドル売りが進み、
対円でもドル売りがやや優勢となりました。

日経平均先物

1日のシカゴ日経平均先物12月物は前日比605円高の2万6,915円と反発。

米国株価指数が反発したことで
日経平均株価にも買いが入っています。

┏━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:29,823.92(+185.28)

・ナスダック:12,355.106(+156.369)

・S&P500:3,662.45(+40.82)

・為替 ドル円:104.29-104.31(-0.04)

『国内』

日経平均株価:26,787.54(+353.92円)

TOPIX:1,768.38(+13.46)

・日経ジャスダック平均株価:3,668.20(+9.00円)

東証マザーズ指数:1,263.01(+30.61)

┏━━━━━━━━━━━
■本日の予定
┗━━━━━━━━━━━

『国内』

11月マネタリーベース(8:50)

『海外』

米11月ADP全米雇用リポート(22:15)
ベージュブック

┏━━━━━━━━━━━
■本日決算発表
┗━━━━━━━━━━━

ウチダエスコ、ザッパラス、ナガノ東

┏━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━

・【1417】ミライト・ホールディングス

発行済株式数の5.56%にあたる600万株を
東証の自己株式立会外買付取引で自社株買いすると発表。

※こちらはアナリスト注目の銘柄で
推奨ではありません。

~~~~~~~~~~~~~
LINEにて相談受付中!
~~~~~~~~~~~~~

個別の銘柄相談やポートフォリオ診断は
LINEにて随時受け付けておりますので
お気軽にご相談ください。
 


 

12月1日(火)買い先行で、日経平均株価はバブル後高値を更新。

┏━━━━━━━━━━━
■12月1日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━

買い先行で、日経平均株価はバブル後高値を更新。
米国株価指数先物の堅調推移や為替の円安傾倒が支え。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━

『国内』

本日の東京株式市場で日経平均株価
前日比353円92銭高の2万6,787円54銭と反発。

為替の円安傾倒や、時間外取引での
米国株価指数先物の堅調推移を材料に
買いが先行する展開となりました。

前日に付けたバブル後高値を更新する場面も見られましたが、
後場にかけては高値警戒感から主力株に
利益を確定する売りも見られています。

新興市場でも投資家心理が強気に傾き
日経ジャスダック平均株価、
東証マザーズ指数上昇しています。

『海外』

1日午前の中国・上海株式相場は反発。

取引開始後に発表された11月の中国製造業PMIが
前月から改善したことで景気回復の観測が強まっています。

『為替』

1日14時時点の東京外国為替市場で
相場は1ドル=104円38~39銭近辺と円安に傾倒。

FRBのパウエル議長による
米上院銀行委員会での証言を控えて、
積極的な売買は手控えられています。

┏━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━

本日もお疲れさまでした、アナリストのKanonです。

やはり、前日の米国株価指数の下落は
日本株市場には織り込み済みで
本日も堅調な相場展開となりました。

ただ、前日の寄り付き高値である
日経平均株価が2万6,900円に近づく水準では、
高値警戒感から主力株に売りも見られており、
同価格帯を超えられるかが明日以降の焦点になるでしょう。

米国株価指数先物が堅調に推移していることを見ると
世界的な株高は明日以降も続いていく期待が高いですが、
もし上値が重くなってくるようであれば
リスクをヘッジする意味で指数連動性の高い銘柄への
空売りのポジションを入れていくことも
視野に取り組みを進めていきたいです。

また、12月も後半にIPOラッシュを控えますので、
月末にかけて新興株は活況になる可能性が高いと見ており、
ここで大きく利益を狙えるように
柔軟な売買を行っていければと思います。

┏━━━━━━━━━━━
■明日の予定
┗━━━━━━━━━━━

『国内』

11月マネタリーベース(8:50)

『海外』

米11月ADP全米雇用リポート(22:15)

┏━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:29,638.64(-271.73)

・ナスダック:12,198.737(-7.109)

・S&P500:3,621.63(-16.72)

・為替 ドル円:104.36-104.38(+0.34)

『国内』

日経平均株価:26,787.54(+353.92円)

TOPIX:1,768.38(+13.46)

・日経ジャスダック平均株価:3,668.20(+9.00円)

東証マザーズ指数:1,263.01(+30.61)

~~~~~~~~~~~~~
LINEにて相談受付中!
~~~~~~~~~~~~~