日本投資機構 公式ブログ

日本株、外国株、仮想通貨、為替、投資に役立つシステム開発やセミナー、投資塾などグローバルに展開する日本投資機構株式会社

5月10日(月)米主要3指数の上昇を好感し堅調な展開に。

┏━━━━━━━━━━━
■5月10日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━

米主要3指数の上昇を好感し堅調な展開に。
マザーズ指数は戻り売りが重く続落。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━
 
『国内』
 
本日の東京株式市場で日経平均株価
前営業日比160円52銭高の2万9,518円34銭と続伸。

前週末に米主要3指数が上昇した流れを引き継ぎ
堅調な相場展開となりました。

ハイテク株が堅調に推移した一方で、
材料出尽くし感から前週まで堅調だった
海運業には売りが優勢となりました。

日経ジャスダック平均株価は続伸も、
東証マザーズ指数は上値での戻り売りが重く
前営業日比でマイナス圏に沈んで終了しています。

『海外』
 
10日の中国・上海株式市場で、上海総合指数は反発。

市況改善への期待から、素材関連などの
景気敏感株を中心に買いが優勢となりました。

『為替』
 
10日14時時点の東京外国為替市場で
円相場は1ドル=108円85~86銭近辺と円高に傾倒。

FRB量的緩和が長期化するとの見方から
円買いが先行する展開となりました。

┏━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━

Kanonです、本日もお疲れさまでした。

前週末の米国株市場では、
量的緩和の縮小懸念が一旦後退したものの、
中長期的な景気回復見通しに変化はありません。

グロース株は今後も買われにくい環境が続きやすいと見られ、
国内でもワクチン普及とともに、
景気敏感株がより上がりやすくなると見られますので、
こうした中期的なシナリオを念頭に置いた上で
短期の売買も行っていきたいです。

個別では決算発表が良好であった銘柄への
物色意欲も強まっていますので、
好決算発表銘柄の押し目を狙いつつ推奨を進めて参ります。

┏━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:34,777.76(+229.23)

・ナスダック:13,752.237(+119.395)

・S&P500:4,232.60(+30.98)

ドル円:109.00-109.02(-0.14)

『国内』

日経平均株価:29,518.34(+160.52)

TOPIX:1,952.27(+19.22)

・日経ジャスダック平均株価:3,917.50(+1.93円)
 
東証マザーズ指数:1,157.42(-4.74)
 


 

5月10日(月)米国株高を好感して堅調な展開に。

┏━━━━━━━━━━━
■5月10日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━

米国株高を好感して堅調な展開に。
主力ハイテク株を中心に買い優勢。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━

おはようございます、Kanonです。

前週末の米国株市場では、
雇用統計が市場予想を大幅に下回る内容となりました。

これを受けた米国株市場では、
緩和的な金融政策が今後もしばらく続くといった
安心感から、ここのところ軟調であった
グロース株にも見直し買いが波及しています。

この流れを引き続いて、本日は日本株市場でも、
主力ハイテク株などを中心に堅調な展開となるでしょう。

日経平均株価は25日移動平均線の位置します
2万9,400円近辺を明確に上抜けるかが焦点となります。

上抜いていくようであれば、
NYダウ平均が連日で続伸している
好調な外部環境を支えとしながら
3万円への戻りを試していく期待もできそうです。

決算発表通過によって個別銘柄にも
物色の矛先が向きやすくなっていますので、
より良いところに資金を回していきましょう。

┏━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━

『NYダウ平均』

7日の米株式市場でダウ工業株30種平均
前日比229ドル23セント高の3万4,777ドル76セントと続伸。

朝方発表の4月の米雇用統計で
雇用者の伸びが市場予想(100万人増)を大幅に下回る
26万6,000人増となり、FRB量的緩和の縮小に
慎重になるとの見方からハイテク株に買いが先行。

景気敏感株には朝方売りが先行したものの、
景気の方向感に変化はないとして
買い戻されて終了しています。

ナスダック指数は続伸して終了しています。

『為替』

7日のNY外国為替市場で円相場は1ドル=108円55~65銭と円高に傾倒。

4月の米雇用統計が市場予想を大幅に下回り、
主要通貨に対してドル売りが優勢となりました。

日経平均先物

7日のシカゴ日経平均先物6月物は
前日比45円高の2万9,410円と続伸。

米国株市場の上昇に連れ高する形となりました。

┏━━━━━━━━━━━
■本日決算発表
┗━━━━━━━━━━━

伊藤忠パナソニック、塩野義、住友鉱、味の素、ヤマハローム
三菱重、カプコン、清水建、郵船、ライオン、ワークマン、千葉銀、
日本ハムファンケル、東海カ、住友重、全国保証、セリア、山九
グリコ、ヤオコー、川崎船、レノバ、IRJHD、ショーボンド、
東芝テック丸和運輸、芙蓉リース、東京精、コクヨ、伊藤米久
日製鋼、ニチアスリンテック三菱食品プリマハム、NSD、
UTGROUP、スターツ、マクニカ富士、三菱ロジ、グリー、
デクセリアルス、マルハニチロアンジェス、イリソ電子、日鉄物産、
オートバクス、三洋化、東洋紡、JCU、日清オイリオ、OKI

┏━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:34,777.76(+229.23)

・ナスダック:13,752.237(+119.395)

・S&P500:4,232.60(+30.98)

ドル円:108.48-108.50(-0.66)

『国内』

日経平均株価:29,357.82(+26.45)

TOPIX:1,933.05(+5.65)

・日経ジャスダック平均株価:3,915.57(+16.96円)
 
東証マザーズ指数:1,162.16(-21.68)

┏━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━

・【7944】ローランド

上期経常を一転2.6倍増益に上方修正、通期も増額。

※こちらはアナリスト注目の銘柄で
推奨ではありません。
 


 

5月7日(金)落ち着いた外部環境を好感して物色が続く。

┏━━━━━━━━━━━
■5月7日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━

2万9,400円近辺では伸び悩むも、
落ち着いた外部環境を好感した物色が続く。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━
 
『国内』
 
本日の東京株式市場で日経平均株価
前日比26円45銭高の2万9,357円82銭と続伸。

寄り付きでは、利確売りが先行し、
マイナス圏に落ち込む場面も見られましたが、
売り一巡後は買戻しが入りプラス圏に浮上して終了。

個別では、好決算を発表した銘柄への
積極的な物色も見られています。

ただ、米雇用統計を控えた週末ということで、
上げ幅は限定的となりました。

日経ジャスダック平均株価は上昇も、
新興市場では主力株などに売りが続き、
東証マザーズ指数は続落して終了しています。

『海外』
 
7日の中国・上海株式市場で、上海総合指数は続落。

朝方は足元の中国国内経済の堅調さを
好感する買いが先行しましたが、
連休の谷間ということもあって
徐々に伸び悩み、マイナス圏に落ち込んで終了しています。

『為替』
 
7日14時時点の東京外国為替市場で
円相場は1ドル=109円07~08銭近辺と円高に傾倒。

米雇用統計の発表を控え、
持ち高を傾ける動きは限定的です。

┏━━━━━━━━━━━
■来週の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━

Kanonです、今週もお疲れさまでした。

スケジュール面での不透明感が払しょくされたことや
景気回復を織り込んでNYダウ平均が強く推移したことで、
連休明けの日本株市場は落ち着いた展開となりました。

決算発表が出てきていることから
個別での銘柄物色も盛んになりつつあります。

日本株市場はワクチン普及の遅れによって出遅れているものの
海外を見ると、市場のテーマは景気の急回復による
「インフレ」に移っていると見られます。

インフレ期待の高まりは、
価格転嫁を通じて企業業績の改善につながるとの見立てから
資源関連の景気敏感株などを中心にポジティブです。

勿論、先々のテーパリングなどの懸念要素は出てくるものの、
本格的に市場が材料視して動いていくのは、夏以降になると見られており、
目先は景気敏感株や好決算発表企業への物色意欲が続く期待は高いでしょう。

┏━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:34,548.53(+318.19)

・ナスダック:13,632.842(+50.417)

・S&P500:4,201.62(+34.03)

ドル円:109.14-109.16(-0.19)

『国内』

日経平均株価:29,357.82(+26.45)

TOPIX:1,933.05(+5.65)

・日経ジャスダック平均株価:3,915.57(+16.96円)
 
東証マザーズ指数:1,162.16(-21.68)
 

 


 

5月7日(金)米ナスダック指数反発を受けて落ち着いた展開に。

┏━━━━━━━━━━━
■5月7日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━

米ナスダック指数反発を受けて落ち着いた展開に。
景気回復を織り込む市場には不安定さも。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━

おはようございます、Kanonです。

前日の米国株主要3指数は上昇して終了。

しかし、寄り付き後には、良好な経済指標を受けて
金利の上昇が懸念されたことなどから、
前日比マイナス圏で動く場面も見られています。

結局、米長期金利の上昇が限定的であったため
安心感から買い戻されてはいますし、
続落していたナスダック指数が反発に転じたことも
ポジティブな材料ではありますが、

高値圏で不安定な値動きに
なりつつあるとして気を緩めるべきではないでしょう。

勿論、景気の回復は企業業績の追い風となりますから
銘柄のセクター分散などのリスクヘッジを行いながら
下値での買いを狙っていきたいです。

┏━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━

『NYダウ平均』

6日の米株式市場でダウ工業株30種平均
前日比318ドル19セント高の3万4,548ドル53セントと続伸。

週間の新規失業保険申請件数が49万8,000件と、
コロナショク以降初めて50万件を切り、
景気の回復を織り込む動きとなりました。

長期金利の落ち着くを好感して
主力ハイテク株にも買いが向かい、
ナスダック指数は反発して終了しています。

『為替』

6日のNY外国為替市場で円相場は1ドル=109円05~15銭と円高に傾倒。

ドルが資源国通貨やユーロに対して下落し、
円に対するドル売りにつながっています。

日経平均先物

6日のシカゴ日経平均先物6月物は
前日比290円高の2万9,365円と上昇。

朝方発表になった米新規失業保険申請件数が市場予想を下回り、
順調な雇用回復を期待する買いが入っています。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の予定
┗━━━━━━━━━━━

『国内』

3月毎月勤労統計調査(8:30)
4月マネタリーベース(8:50)

『海外』

中国4月貿易収支
米4月雇用統計(21:30)

┏━━━━━━━━━━━
■本日決算発表
┗━━━━━━━━━━━

三菱商、花王オリンパス、住友商、日本製鉄、ミネベアミツミ
AGC、JAL、リコー、JFEHD、ブラザー、京阪HD、
空港ビル、特殊陶、日ユニシス、DeNA、セブン銀行、オリコ、
カニシ、ミクシィ、科研薬、TKC、サッポロHD、パイロット、
扶桑化学、ローランド、デジアーツ、日本ライフL、千代建、兼松、
ニチハ、三井海洋、コロプラティーガイア、リコーリース、
船総研HD、サカイ引越、渋谷工、長谷川香、いなげや
ミツウロコGHD、トーカイ、物語コーポ、島精機、上新電、
EduLab、OBARA-G、ホシデン、日セラミ、アバント、
タキロンシーアイ、新明和、日伝、邦チタニウム、東祥、
スパークスG、オンコリス、スペースマーケ、東京通信、イルグルム、
リンクバル、WASHハウス

┏━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:34,548.53(+318.19)

・ナスダック:13,632.842(+50.417)

・S&P500:4,201.62(+34.03)

ドル円:109.03-109.05(-0.30)

『国内』

日経平均株価:29,331.37(+518.74)

TOPIX:1,927.40(+29.16)

・日経ジャスダック平均株価:3,901.13(+5.93円)
 
東証マザーズ指数:1,183.93(-17.84)

┏━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━

・【3901】マークラインズ

1-3月期(1Q)経常は30%増益で着地。

※こちらはアナリスト注目の銘柄で
推奨ではありません。
 


 

5月6日(木)売り方の買い戻しを巻き込み日経平均は上げ幅を拡大。

┏━━━━━━━━━━━
■5月6日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━

売り方の買い戻しを巻き込み日経平均は上げ幅を拡大。
マザーズ指数は下落するなど個別株はまちまち。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━
 
『国内』
 
本日の東京株式市場で日経平均株価
前日比518円74銭高の2万9,33137銭と大幅反発。

前日のNYダウ平均の上昇を受けて
買いが先行する展開となりました。

波乱なく連休を通過したため、
売り方の買い戻しも入り上げ幅を拡大。

上値抵抗線として意識されていた
75日移動平均線(2万9,249円近辺)を上抜くも、
25日移動平均線(2万9,405円)近辺では
戻り売りに押されて終了しています。

景気敏感株中心の物色となったため
日経ジャスダック平均株価は反発も、
グロース株には軟調な推移も目立ち、
東証マザーズ指数は続落となりました。

『海外』
 
6日午前の中国・上海株式市場で、上海総合指数は続落。

連休の中国消費活動は活況と伝わっていたものの、
観光関連株を中心に材料出尽くしと見た売りが優勢となりました。

『為替』
 
6日14時時点の東京外国為替市場で
円相場は1ドル=109円39~40銭近辺と円安に傾倒。

米景気に対する強気な見方から、
ドル買いが優勢となっています。

┏━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━

Kanonです、本日もお疲れさまでした。

本日の日経平均株価は派手に上げ幅を拡大したものの、
需給面で売り方の買い戻しが入りやすかったことが主要因で
実需の買いは限定的であったと見られます。

本日時点では、決算発表ラッシュを控えて
個別株はまちまちとなっていますので、
決算通過を待ってから本格的に
物色が進むような展開になりやすいでしょう。

勿論、米国や中国の景気が好調であることは
日本企業にとってもポジティブですので、
今後決算が徐々に発表されていくにつれて、
幅広い銘柄に買いが向かう期待ができます。

明日は米雇用統計を控える
週末とあって膠着感が強まりやすいですが、
好業績銘柄の下げはチャンスだとして、
買いを狙っていきたいです。

┏━━━━━━━━━━━
■明日の予定
┗━━━━━━━━━━━

『国内』

3月毎月勤労統計調査(8:30)
4月マネタリーベース(8:50)

『海外』

中国4月貿易収支
米4月雇用統計(21:30)

┏━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:34,230.34(+97.31)

・ナスダック:13,582.425(-51.078)

・S&P500:4,167.59(+2.93)

ドル円:109.34-109.35(+0.46)

『国内』

日経平均株価:29,331.37(+518.74)

TOPIX:1,927.40(+29.16)

・日経ジャスダック平均株価:3,901.13(+5.93円)
 
東証マザーズ指数:1,183.93(-17.84)
 


 

5月6日(木)NYダウ平均の上昇を好感して買い先行。

┏━━━━━━━━━━━
■5月6日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━

NYダウ平均の上昇を好感して買い先行も、
国内景気の回復遅れが意識され上値は限定的か。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━

おはようございます、Kanonです。

連休中には、イエレン米財務長官が
利上げを意識させる発言をしたことや、
前週に最高値を更新した反動で、
ナスダック指数が値幅を伴って下落する場面も見られました。

幸い、昨夜5日の米国株市場では、NYダウ平均が上昇し、
ナスダック指数も下げ渋る動きを見せたため、
連休の日本株市場は買い先行の展開となりそうです。

しかし、ワクチン普及による景気の急回復を
織り込む動きとなっている海外市場に比べると、
日本株の出遅れ感は続きやすいと見られます。

国内でもいずれワクチンが普及してくるでしょうから、
アフターコロナへの潮目の変化に着目しつつ、
まずは、決算発表を通過して動きやすくなっている銘柄に
資金を振り向けていきたいです。

┏━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━

『NYダウ平均』

5日の米株式市場でダウ工業株30種平均
前日比97ドル31セント高の3万4,230ドル34セントと続伸。

米ISMが5日に発表した4月の非製造業指数は62.7と
好不況の境目である50を大きく上回りました。

市場予想はやや下振れたものの、
米景気の力強い回復には変わらないとして
景気敏感株を中心に買いが優勢となっています。

しかし、アマゾン、ネットフリックスといった
コロナ禍で業績好調だった銘柄には
一旦の好材料出尽くしと見た売りが優勢で、
ナスダック指数は小幅に続落して終了。

『為替』

5日のNY外国為替市場で円相場は1ドル=109円15~25銭と円高に傾倒。

長期金利が低下したことで、
日米金利差の縮小を見込んだ円買いが優勢となりました。

日経平均先物

5日のシカゴ日経平均先物6月物は
前日比355円高の2万9,075円と上昇。

NYダウ平均の上昇を受けて、買い優勢で終了しています。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の予定
┗━━━━━━━━━━━

『国内』

3月失業率(8:30)
3月有効求人倍率(8:30)
4月都区部消費者物価指数(8:30)
3月鉱工業生産(8:50)
3月住宅着工統計(14:00)

『海外』

中国4月製造業PMI(10:00)
ユーロ圏1-3月期GDP(18:00)
米3月個人消費支出・個人所得(21:30)

┏━━━━━━━━━━━
■本日決算発表
┗━━━━━━━━━━━

任天堂、協和キリン、丸紅、ミスミG、ヒロセ電、F&LC、
栗田工、ヤマダHD、ケーズHD、アウトソシング、ノジマ
ジョイ本田、アクシアル、インソース、アルペン、モダリス、
ワールド、中部飼、東計電算、BEENOS、マークラインズ、
日本通信、GMOペパ、有沢製、フォスタ電、動物高医、
GMOリサーチ、GMOメディア、GMOTECH

┏━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:34,230.34(+97.31)

・ナスダック:13,582.425(-51.078)

・S&P500:4,167.59(+2.93)

ドル円:109.20-109.21(+0.32)

『国内』

日経平均株価:28,812.63(-241.34)

TOPIX:1,898.24(-10.82)

・日経ジャスダック平均株価:3,895.20(-10.86円)
 
東証マザーズ指数:1,201.77(-9.54)

┏━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━

・【7172】ジャパンインベストメントアドバイザー

1-3月期(1Q)経常は15%減益も、通期計画を超過。

※こちらはアナリスト注目の銘柄で
推奨ではありません。
 


 

4月28日(水)連休前の売りが一巡し、プラス圏に浮上して終了。

┏━━━━━━━━━━━
■4月28日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━

連休前の売りが一巡し、プラス圏に浮上して終了。
イベントを控えて上値は限定的に。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━
 
『国内』
 
本日の東京株式市場で日経平均株価
前日比62円08銭高の2万9,053円97銭と反発。

連休を控えることから持ち高整理の売りが先行しましたが、
一巡後は買戻しが入り、プラス圏に浮上して終了しています。

ただ、2万9,100円近辺では戻り売りが重く、
バイデン米大統領の議会演説も控えて、
積極的に上値を追う動きは限定的となりました。

新興市場では個人による手仕舞い売りが優勢で、
日経ジャスダック平均株価、
東証マザーズ指数は続落して終了。

『海外』
 
28日午前の中国・上海株式市場で、上海総合指数は続伸。

5月の労働節(メーデー)に伴う
大型連休を前に投資家の様子見姿勢は強く、
前日の終値を挟んで一進一退の展開となっています。

『為替』
 
28日14時時点の東京外国為替市場で
円相場は1ドル=108円84~85銭近辺と円安に傾倒。

長期金利の上昇を受けて、
日米金利差拡大を見込んだ円売りが
優勢となっています。

┏━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━

Kanonです、本日もお疲れさまでした。

本日は持ち高整理の売りが先行し、
日経平均株価が2万9,000円を割り込む場面も見られました。

ただ、一巡後は押し目買いが入り、
プラス圏に転じていることや
前日に決算を発表した銘柄に売り先行後
買い戻される推移が目立ったことはポジティブでしょう。

連休前に持ち高調整の売りが出たことで、
需給が良化している期待ができ、
今夜のパウレル議長講演や
バイデン大統領の施策方針演説を通過することで
活況な相場が戻ってくる期待は高いです。

勿論、金曜日もスケジュール面では動きにくいと見られますが、
決算発表が徐々に出てきているため、
個別でも狙いやすい銘柄が増えていますので、
銘柄推奨を増やしていきます。

┏━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:33,984.93(+3.36)

・ナスダック:14,090.216(-48.560)

・S&P500:4,186.72(-0.90)

ドル円:109.03-109.04(+0.70)

『国内』

日経平均株価:29,053.97(+62.08)

TOPIX:1,909.06(+5.51)

・日経ジャスダック平均株価:3,906.06(-6.28円)
 
東証マザーズ指数:1,211.31(-10.34)