日本投資機構 公式ブログ

日本株、外国株、仮想通貨、為替、投資に役立つシステム開発やセミナー、投資塾などグローバルに展開する日本投資機構株式会社

7月5日(月)米国市場が独立記念日で休場。個別物色が中心に。

┏━━━━━━━━━━━
■7月5日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━

前週末の米雇用統計は波乱なく通過も、
本日は米国市場が休場で、個別物色が中心に。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━

おはようございます、Kanonです。

前週末の米国株市場で発表された6月の雇用統計は、
市場予想を若干上回る内容とはなりましたが、

市場に波乱を招くような内容にはならず
安心感から米長期金利が低下。

前週末の米国株市場では幅広い銘柄に買いが入り、
ダウ平均は約2ヶ月ぶりに過去最高値を更新しています。

日本株市場は、東京五輪を控えて
新型コロナウイルスへの警戒感が根強いため、
上値の重い展開が続きそうなほか、

本日は米国株市場が休場で、市場参加者が少ないため
主力株の方向感は出にくいと見られますが、

テーパリングへの過度の懸念感が後退するなかで
個別株への物色が進む期待は高いでしょう。

┏━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━

『NYダウ平均』

2日の米株式市場でNYダウ平均は、
前日比152ドル82セント高の3万4,786ドル35セントと続伸。

朝方発表の6月の米雇用統計が市場予想を上回ったものの
米連邦準備理事会(FRB)がテーパリングを早まるほどの
内容ではないと受け止められて米長期金利が低下。

高PRE(株価収益率)銘柄を中心に買いが優勢となりました。

主力ハイテク株を中心に買いが入り、
ナスダック総合株価指数も続伸して終了しています。

『為替』

2日のNY外国為替市場で円相場は1ドル=110円95銭~111円05銭と円高に傾倒。

長期金利の低下を受けて、日米金利差縮小を見込んだ円買いが優勢となりました。

日経平均先物

2日のシカゴ日経平均先物9月物は、
前日比10円安の2万8,775円と小幅に反落。

円高が上値の重しになり、上値は限定的となっています。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の予定
┗━━━━━━━━━━━

『国内』

日銀支店長会議で黒田総裁があいさつ
地域経済報告さくらレポート

『海外』

休場:米国(独立記念日の振替休日)

┏━━━━━━━━━━━
■本日決算発表
┗━━━━━━━━━━━

クステージ、アークス、フジ、トーセイ、
薬王堂HD、マルカ、キユソー流通、ジーフット
天満屋ス、メディ一光、バイク王

┏━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:34,786.35(+152.82)

・ナスダック:14,639.325(+116.949)

・S&P500:4,352.34(+22.44)

ドル円:111.13-111.15(-0.43)

『国内』

日経平均株価:28,783.28(+76.24)

TOPIX:1,956.31(+17.10)

・日経ジャスダック平均株価:3,984.13(+6.86円)
 
東証マザーズ指数:1,200.37(+0.16)

┏━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━

・【3608】TSIホールディングス

3-5月期(1Q)経常は黒字浮上・通期計画を超過。

※こちらはアナリスト注目の銘柄で
推奨ではありません。