日本投資機構 公式ブログ

日本株、外国株、仮想通貨、為替、投資に役立つシステム開発やセミナー、投資塾などグローバルに展開する日本投資機構株式会社

5月27日(木)主力株を中心として戻り待ちの売りが優勢に。

┏━━━━━━━━━━━
■5月27日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━

主力株を中心として戻り待ちの売りが優勢に。
下値では押し目買いが入り、下げ渋る動き。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━
 
『国内』
 
本日の東京株式市場で日経平均株価
前日比93円18銭安の2万8,549円01銭と反落。

手掛かり材料に欠けるなかで
戻り待ちの売りが優勢となりました。

ただ、MSCIが本日の終値をもって
指数銘柄の入れ替えを行うといった
一過性の要因も重しになったと見られ

下値では押し目買いが入り、
下げ渋って終了しています。

日経ジャスダック平均株価は小幅に反発も
東証マザーズ指数は反落しています。

『海外』
 
27日の中国・上海株式市場で、上海総合指数は続伸。

朝方は指数が約3ヶ月ぶりの高値圏にあったため
戻り待ちの売りが先行しましたが、
一巡後は上昇に転じております。

『為替』
 
27日14時時点の東京外国為替市場で
円相場は1ドル=109円07~08銭近辺と円安に傾倒。

長期金利の上昇を受けて
日米金利差拡大を意識した円売りが優勢となりました。

┏━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━

Kanonです、本日もお疲れさまでした。

オリンピック開催について、
さまざまな意見が飛び交うなかで
日本株市場は方向感に欠ける展開となっています。

とはいえ、本日の日経平均株価は、
25日移動平均線を上抜けずに崩れる動きと
なったのにも関わらず、投げ売りは限定的でしたし、
下値での買戻しが見られたことも好感材料。

今後は、東京五輪に関する不透明感が晴れるのを
待ちながら、上値を試していくような
展開になりやすいでしょう。

┏━━━━━━━━━━━
■明日の予定
┗━━━━━━━━━━━

『国内』

4月失業率(8:30)
4月有効求人倍率(8:30)
5月都区部消費者物価指数(8:30)

『海外』

米4月個人所得・個人消費支出(21:30)
G7財務相中央銀行総裁会議(オンライン)

┏━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:34,323.05(+10.59)

・ナスダック:13,737.996(+80.822)

・S&P500:4,195.99(+7.86)

ドル円:109.14-109.15(+0.31)

『国内』

日経平均株価:28,549.01(-93.18)

TOPIX:1,911.02(-9.65)

・日経ジャスダック平均株価:3,872.60(+1.23円)
 
東証マザーズ指数:1,145.88(-2.70)