日本投資機構 公式ブログ

日本株、外国株、仮想通貨、為替、投資に役立つシステム開発やセミナー、投資塾などグローバルに展開する日本投資機構株式会社

1月21日(木)リスクオン姿勢が強まり中小型株に買い優勢。

┏━━━━━━━━━━━
■1月21日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━

リスクオン姿勢が強まり中小型株に買い優勢。
日経平均株価も堅調な展開に。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━

『国内』

本日の東京株式市場で日経平均株価
前日比233円60銭高の2万8,756円86銭と反発。

米大統領就任式を無事に通過し、
安心感から買いが優勢となりました。

値がさの半導体関連株に高値警戒感を受けた
利益確定売りが出たことが重荷で、
日経平均株価は伸び悩んで終了しています。

個別株にも決算発表を意識した買いが優勢となり、
日経ジャスダック平均株価、
東証マザーズ指数も上昇して終了。

『海外』

21日午前の中国・上海株式相場は続伸。

バイデン米大統領の就任で
世界の政治や経済が落ち着くとの期待から、
投資家心理がリスクオンに傾き、
個人投資家人気の中小型株に買いが向かっています。

『為替』

21日14時時点の東京外国為替市場で
円相場は1ドル=103円39~40銭と円高に傾倒。

米大統領就任式を無事通過したことで、
米国投資家を中心にリスク選好姿勢が高まり
ドル売りが優勢となっています。

┏━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━

本日の日経平均株価は、
前日高値を超える場面も見られましたが、
2万8,900円が近づいたところでは伸び悩み、
上げ幅を縮小するような場面が見られました。

少し上値が重くなってきている印象ですが、
その分マザーズ指数が上げ幅を拡大するなど
循環物色が活発に行われていますので、
健全な相場展開だと見られます。

決算発表のピークは2月中旬ですので、
この辺りまでは、決算発表に向けた期待買いや、
サプライズを発表した銘柄への買いが入りやすく
活況な相場展開が続く期待ができるでしょう。

実際に景気が回復してしまうと、
材料出尽くしで相場が弱含んだりする
可能性も想定されますので、
来月中旬頃までは買いでしっかり狙い、

決算通過後の相場の方向感も見つつ、
空売りなども交えるような形で、
少し先を見た投資を行っていきましょう。

┏━━━━━━━━━━━
■明日の予定
┗━━━━━━━━━━━

『国内』

12月全国消費者物価指数(8:30)

『海外』

米12月中古住宅販売(1/23 0:00)

┏━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:31,188.38(+257.86)

・ナスダック:13,457.248(+260.068)

・S&P500:3,851.85(+52.94)

・為替 ドル円:103.38-103.39(-0.36)

『国内』

日経平均株価:28,756.86(+233.60)

TOPIX:1,860.64(+11.06)

・日経ジャスダック平均株価:3,809.62(+10.94円)

東証マザーズ指数:1,283.85(+46.12)