日本投資機構 公式ブログ

日本株、外国株、仮想通貨、為替、投資に役立つシステム開発やセミナー、投資塾などグローバルに展開する日本投資機構株式会社

11月19日(木)東京市場大引け。新型コロナの感染再拡大を嫌気して軟調な展開に。

┏━━━━━━━━━━━
■11月19日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━

新型コロナの感染再拡大を嫌気して軟調な展開に。
巣ごもり、好業績銘柄などには買いも見られる。

┏━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━

『国内』

本日の東京株式市場で日経平均株価
前日比93円80銭安の2万5,634円34銭と反落。

高値警戒感からの売りが優勢となったほか、
国内外で新型コロナウイルスの感染が
急拡大していることも投資家心理の重荷となっています。

コロナによる業績の落ち込みが懸念される銘柄に加えて
割高感が意識されている銘柄や
需給が悪化している銘柄の下げが目立ちました。

日経ジャスダック平均株価は小幅に反落も、
直近の決算が好感された
中小型株などには個別で物色の矛先が向き、
東証マザーズ指数は続伸しています。

『海外』

19日午前の中国・上海株式相場は小幅に続伸。

中国政府が国内消費の刺激策を打ち出したと伝わり、
投資家心理の支えとなっています。

『為替』

19日14時30分すぎの東京外国為替市場で
相場は1ドル=103円77~78銭近辺と円高に傾倒。

東京都の新型コロナウイルスの新規感染者数が、
500人を超えたことで低リスク通貨とされる
円には買いが優勢となりました。

┏━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━

アナリストのKanonです。

本日の日本株市場では売りが優勢となりました。

特に新型コロナの感染が拡大すると
業績が落ち込みやすい銘柄に売りが重く、
逆に巣ごもり需要を取り込んでいる銘柄には
買いも見られています。

しばらくは、このような強弱感の強い展開が
続いていく可能性が高いでしょう。

また、コロナウイルスの感染が拡大しているということは
中央銀行が金融緩和を続けたり、
政府の財政出動が続くということです。

こうした政策面での好材料がある限りは
意外と下値の堅い展開が続きやすいと見ておりますので、
銘柄選別はしっかりと行いながらも、
引き続き押し目を狙っていければと思います。

┏━━━━━━━━━━━
■明日の予定
┗━━━━━━━━━━━

『国内』

10月全国消費者物価指数(8:30)

『海外』

APEC首脳会議(オンライン)

┏━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:29,438.42(-344.93)

・ナスダック:11,801.603(-97.740)

・S&P500:3,567.79(-41.74)

・為替 ドル円:103.85-103.86(-0.03)

『国内』

日経平均株価:25,634.34(-93.80円)

TOPIX:1,726.41(+5.76)

・日経ジャスダック平均株価:3,572.69(-4.35円)

東証マザーズ指数:1,198.68(+4.04)

~~~~~~~~~~~~~
LINEにて相談受付中!
~~~~~~~~~~~~~