日本投資機構 公式ブログ

日本株、外国株、仮想通貨、為替、投資に役立つシステム開発やセミナー、投資塾などグローバルに展開する日本投資機構株式会社

今更聞けない【PER】の存在。しかし知ってると知らないとでは資産に大きく影響しますよ。

こんにちわ。

日本投資機構株式会社「株式2.0」アナリストの
Kanonです。


先日までの記事は見ていただけましたでしょうか?

もしよろしければこちらから見て頂けると順序よく進んでいけるかと思います。

 


1.「株式2.0」とは?
2.「プロ投資家と一般投資家の違い」とは?
3.「投資リスク」とは?
4.「金融リテラシー」とは?
5.「資産運用」とは?
6.「アセットアロケーション」とは?
7.「ファンダメンタル分析/テクニカル分析」とは?①
8.「ファンダメンタル分析/テクニカル分析」とは?②
9.「ファンダメンタル分析/テクニカル分析」とは?③
10.「勝てる売買手法」とは?
11.「ストキャスティクス」とは?
12.「サイコロジカルライン」とは?
13.「エリオット波動」とは?
SP.「手っ取り早く大金を獲得する方法」とは?
14.「一目均衡表」とは?
15.「ボリンジャーバンド」とは?
16.「IPO」とは?
17.「日経平均株価」とは?

 


【PER】



「Price Earnings Ratio」の略。株価収益率(倍)

株価が1株当たり純利益の何倍まで買われているかを見る指標。

すなわち
1株当たり純利益の何倍の値段が付けられているかを見る投資尺度。
 現在の株価が企業の利益水準に対して


『割高』『割安』

を判断する目安として多くの投資家に利用されています。


なぜ、今になってPERの様な基礎用語を説明をするのか?

と言われてしまうかもしれませんが、今まで学んできたのは

投資における基礎知識であり

テクニカル面でのお話が多かったと思います。

テクニカルを駆使して銘柄の選定をした結果

その銘柄は割高なのか割安なのか。


“もっと”その銘柄を

しっかり精査するための順序として今PERなのです。

 

 

 

◆PERの求め方


一般にPERが

高ければ利益に比べて株価が割高

低ければ利益に比べて株価が割安


であるといわれます。

PERは

株価÷EPS(1株あたりの純利益)

で求めることが出来ます。

例えば

株価が同じ1,000円の銘柄が2つあり

A社の1株あたりの純利益が100円の場合

1,000÷100=10 10倍

B社の1株あたりの純利益が50円の場合

1,000÷50=20 20倍

よって

A社の方がより割安であることがわかります。

一般的にPERは15倍以下で割安であると判定されます。

 

◆割安性の分析

 

PERでわかることは

今の株価が1株当たりの利益の何倍に相当するのか?

つまり

現在の株価と同等の投資資金を回収するのに

いったい何年かかるのか

がわかります。

上記の場合は

A社の場合は10年で投資した分を回収することが出来、
B社の場合は20年で投資した分を回収することが出来る。


という塩梅です。

ですので数値はより低い方が割安であることがわかりますね。

ただ、企業の業績や株価変動によって変化しますので

数値は絶対的なものではありません

あくまで判断材料の一つにすぎませんが、非常に参考に出来る指標です。


 

◆過去、現在、将来予想のPERの数値を比較

 

先ほど15倍以下は「割安」であると伝えましたが

深く掘り下げることによってPERの信憑性は変わってきます。

注意しないといけないのは

過去のPERよりも

現在のPERの方が高くなっている場合です。

この場合はたとえ15倍以上であったとしても、
予想PERが高くなることが想定される場合は割安と判断できます。

予想PERは日経新聞社の公式サイトや会社四季報などでも
公開されていますので活用してみるとよいでしょう。

 

◆同業他社のPERの数値を比較


業種によってPERの信頼度は大きく変わってきます。

分かりやすいのがIT企業

IT企業は基本商品がネット上で完結され、無形商品が多くあります。

例えば、ゲーム会社。

一昔前は
ファミコンなどの「ハード」とゲーム「ソフト」という目に見える有形商品でした。

しかしIT全盛の今、ハードを必要としない、インターネット上で完結する
アプリがメインとなっていますね。

スマホゲームなどがこれに代表されます。

端的ではありますが

ゲームを作成構成、商品化出来るエンジニアの獲得、育成と

販路確保、アイデア、パソコンがあれば商品化でき、

スマホやパソコンという一台の端末があれば

世界中の誰にでも販売することも可能です。

従来のような

生産工場や、工場で働く従業員、電気店やおもちゃやさんなどの

売店が不要となりました。

 

こういった商品を作るにあたっての人件費や設備投資などが

全て自社で完結し、業務委託、販売委託などの

予算を大幅に削ることが出来るのです。

つまり極論

6畳一間のアパート、従業員1人の会社であっても、

何億もの人に商品販売することが可能なのです。

みなさんご存知の「FaceBook」は

創設者のマーク・ザッカーバーグが大学時代に始めた無料サービスから始まった会社です。


そのザッカーバーグ氏は、世界富豪ランキングで5本の指にはいります。


結果、収益率は高く、会社の利益が大きくなりますので、

株価収益率も大きくなります。
IT業者(特に新興市場)のPERは基本割安判定では

信頼性に欠けるものとなることが多くなります

こういった場合には

 

同業種の平均PERと比較

 

することで見抜くことも出来ます。

【1447】ITbook 約43倍

【9613】NTTデータ 約21倍

IT業種の平均PER 約25倍


業界の平均PERが25倍

基本的にこれよりも低ければ、業界的に割安であるといえます。

つまり

【9613】NTTデータ 約21倍

は業界内では割安とみれるという事です。
※15倍以上であっても割安判定となる例です。

 

 

 

◆まとめ

このようにPERを意識することでその企業の割安性だけではなく

将来性や業界での立ち位置まで見て取ることも出来るのです。

そして

テクニカル精査で見つけた銘柄が

PERで割安であると判断し、更なる精査を行い
将来性が見えた銘柄に投資することが出来るようになる。
 

これが真の投資家です。


想定通りに株価が動き、
予想どおりの利益を得ることが出来るようになります。

かの少額投資の神様とも呼ばれるウォーレンバフェット
の得意とするバリュー投資方法に織り込まれる手法です。

ちなみにウォーレンバフェットの世界富豪ランキングは2位です。



投資って夢がありますよね。


え?でも・・割安銘柄の探し方がどうしてもわからない?


であれば是非相談下さい。


他にも通常トレードする銘柄を


「見つけるのが大変!?」


「なかなかみつからない?」


「高値でつかんでしまう?」



わかりました!では私が無料で案内する銘柄があるとすればどうでしょうか?



初心者だから勝てない!?

ネット音痴だからネット取引では勝てない!?


そんなことはありません。

どんなに初心者でも、どんなにネット音痴でも!

しっかり利益を狙うことが出来ます。

そんなマル秘な方法を

私、Kanonがお伝えすることが大事だと思いましたので、下記サイトからメールを頂くことが出来ればお伝えいたします。


※今なら短期投資にお勧めできる銘柄を無料で買い場三銘柄お教えしちゃいます♪
※今なら私Kanonが直接お電話、LINE、メールにてご案内します♪
▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
【Kanonへ直接お問い合わせはこちら】
△△△△△△△△△△△△△△△△△△
※今なら私Kanonが直接お電話、LINE、メールにてご案内します♪
※今なら短期投資にお勧めできる銘柄を無料で三銘柄お教えしちゃいます♪




Kanon宛に「買い場銘柄」と明記してお問合せ下さい。または直接お電話貰っても結構です。平日相場が開かれている日であれば常にいますのでお気軽に問い合わせください。

戦略も戦術も目標も投資手法も、ポートフォリオまで!

まとめてサポートさせていただきます。

※本当に株式投資で勝ちたい方だけご連絡ください。
私に会いたいとか、ディナーのお誘いなどは・・・「なし!」でお願いします!(笑)

今回は「PER」についてお話してきました。出来るだけ伝わりやすいように書いてきましたがわからない事は何度でも読み返して、そしてメール、ライン等でも結構ですのでお聞きくださいね。、

次回は「PBR」についてわかりやすく説明していきたいと思っています。どうか今後もよろしくお願いします。

 
 

 

 
ID:@fib1729i
友だち追加URL:http://nav.cx/igoc3u1