日本投資機構株式会社 公式ブログ

日本株、外国株、仮想通貨、為替、投資に役立つシステム開発やセミナー、投資塾などグローバルに展開する日本投資機構株式会社

東京市場寄付き『市況』by日本投資機構株式会社

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■3月8日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

1月の景気動向指数が2013年6月以来の低水準に。
景気敏感株などに売りが波及する展開を想定。

f:id:nihontoushikikou:20190308090959p:plain

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

内閣府が7日に発表した
1月の景気動向指数(CI、2015年=100)速報値は、
景気の現状を示す一致指数が97.9と、
前月から2.7ポイント低下。

低下は3カ月連続で、
2013年6月(97.0)以来の低水準となりました。

これを受て景気動向指数の基調判断について
これまでの「足踏み」から「下方への局面変化」に下方修正。

ただ、1月の日本の輸出や生産が低下したのには
中国や世界経済の減速や2月初めの中華圏の春節旧正月)など
一時的な要因も絡んでいると見られるため
2月に輸出や生産がどの程度戻るかが今後の焦点となりそうです。

ユーロ圏の経済成長率見通し引き下げや
1月の半導体世界市場が30カ月ぶりに
前年水準を割り込んだことなどを受けて、
本日は景気敏感株などに売りが波及する展開を想定。

ただ、今夜は2月の雇用統計を控えており、
過度に市場予想を下回る結果とならなければ
好材料視されやすい状況であることから
安値圏では様子見ムードが強まりやすいとして
本日の相場を見ていきます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『NYダウ工業30種平均』

7日の米株式市場でダウ工業株30種平均
前日比200ドル23セント安の2万5,473ドル23セントと続落。

欧州中央銀行(ECB)は7日に開いた理事会で
少なくとも2019年末までは利上げ開始を先送りする方針を示し、
銀行への新たな資金供給策も決定しました。

19年のユーロ圏の経済成長率見通しを
従来の1.7%から1.1%へ引き下げ、
量的緩和QE)プログラム導入以降で
最も大幅な経済予測の下方修正となったことが
世界景気の減速懸念が改めて意識され市場心理を冷やしました。

多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数
心理的な節目とされる200日移動平均を下回ったことなどで
持ち高調整の売りも加速しております。

米連邦準備制度理事会FRB)のブレイナード理事は、
米国内外で景気見通しが弱まりつつあることから、
米金融当局が以前に想定していたよりも
「緩やかな」金利軌道が求められると発言。

世界景気の減速が意識される中で
各国の金融政策がどこまで下支えになるかが
今後の焦点となりそうです。

主要ハイテク株に売りが広がり
ナスダック総合株価指数も続落しております。

『為替』

7日のニューヨーク外国為替市場で円相場は
1ドル=111円66銭~65銭と円高に傾倒。

欧州中央銀行(ECB)が7日の理事会で年内の利上げを見送るとしたことで、
ドイツなどの国債利回りが低下(価格は上昇)し、米長期金利が低下。

日米金利差の縮小を見込んだ円買いが優勢となりました。

日経平均先物

7日のシカゴ日経平均先物3月物は、前日比270円安の2万1,275円と続落。

世界景気の先行き警戒感が広がり、米株とともに売りが波及しています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:25,473.23ドル (-200.23)

・ナスダック:7,421.464 (-84.456)

・S&P500:2,748.93 (-22.52)

・為替 ドル円:111.58-111.59円 (-0.20)

『国内』

日経平均株価:21,456.01円 (-140.80円)

TOPIX:1,601.66(-13.59)

・日経ジャスダック平均株価:3,451.51円 (-30.05円)

東証マザーズ指数:928.76 (-17.75)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

1月家計調査(8:30)
10-12月期GDP改定値(8:50)
1月経常収支(8:50)
2月景気ウォッチャー調査
メジャーSQ

『国内』

中国2月貿易収支
米2月雇用統計(22:30)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の国内決算発表
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

鳥貴族、HEROZ、フルスピード、日駐、ケア21、
バルニバーヒ、エイチーム、ソフトウェアサー、
フリービット、ミライアルユークス、クミアイ化、
日本スキー、イトクロインスペックナ・デックス
ファースト住、カナモト

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■株式2.0参加者様へワンポイント!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、アナリストの石塚です。

米連邦準備制度理事会FRB)のブレイナード理事は、
米国内外で景気見通しが弱まりつつあることから、
米金融当局が以前に想定していたよりも
「緩やかな」金利軌道が求められると発言。

世界景気の減速が意識される中で
各国の金融政策がどこまで下支えになるかも
今後の焦点となりそうです。

調整相場がしばらく続くことも想定されるため
年末の大底から戻り基調にある景気敏感株については
年始からの戻りの3分の1~半値ほど下落する可能性を視野に
一旦の手仕舞いをご検討いただければと思います。

f:id:nihontoushikikou:20190216111423p:plain「株式2.0」

株式2.0への参加はこちら

f:id:nihontoushikikou:20190215185701j:plain

 今なら無料登録で上昇期待3銘柄を受け取れる!

f:id:nihontoushikikou:20190215190007p:plain 

サルでも1000万円貯まる積み立てNISA 

絶賛発売中!